FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 07/12

セッション・レポート 7 (調布編)

 7/10、雨模様。再びソプラノ・サックスにて参加。
 ホストの酒井君(ギター)とは5年ぶりになる。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト
  (他): 他者選曲のインスト
  (伴): 歌伴
  (星): Vocal…その心は「伴」に向かって投げるのが「星」

(自) Bye Bye Black Bird (F)… ワン・ホーン。オープンングは易し目の曲とのホスト示唆。
(他) Another You (E♭)… ギター(客)のリードに絡みながら
(他) It's All Right With Me (Cm) … テナー(客)のリードに絡みながら
(伴) Our Love Is Here To Stay (A♭) … Vo.(客)は少し低めのハスキーで、グー!
(星) Polkadots & Moonbeams (F) … 師匠と相談 E♭⇒F に上げる
(他) Blue Bossa (Cm)…全員参加の締め曲 

 Polkadots & Moonbeams は、Like Someome In Love と同じく Jimmy Van Heusen 作曲。スローもん歌うとき、今まで、間奏(半コーラス)はバンドに任せるか、自分で SAX を吹いちゃうか、のいずれかだったが、今日は思い切って、そのまま Scat に突入する。「倍ノリで!」 の意思表示が不十分だったことが反省点。

関連記事

この記事と関連する記事

セッション・レポート 7 (調布編)

(0)TB(-)

AFTER「セッション・レポート 8 (調布編)

BEFORE「映画館 を 観る 3

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top