FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2010 06/05

ライブ・レポート 212 (遠賀川編)

 6/4 (金) 、遠賀川 「ドラム館」 ⇒ http://drumkan.net/ 小森 陽子 (Pf)http://blog.goo.ne.jp/ykomopi カルテット のライブ。 小森さんとは、昨日もセッションでご一緒でした (^^ゞ ( ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-843.html )。
 花田 久美子 4 の枠を、今月は日程の関係で、小森 4 として運営 (先月の模様 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-823.html ) 。
 テナー (TS) と ソプラノ (SS) を使用。 Dr マスター中溝さん、B 久藤さん。 アフター・セッションには、博多から O方 氏 (TS) が参加 (^◇^) 。
 
 次回は、 「花田 久美子 (Pf) 4」 を 7/9 (金) に実施します。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト  (他): 他者選曲のインスト  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」
      
 1. (他) on TS  GOOD BAIT  (B♭) Med. 4 Beat 
         まずは乗り易い曲で 
 2. (自) on TS  YOU GO TO MY HEAD  (E♭) Slow 
         プチ・ドロドロ系 (?) 曲のエース級を投入
 3. (自) on SS  THE VERY THOUGHT OF YOU  (A♭) Med. 4 Beat  
         カワイク (^^ゞ
 4. (他)・(自) on TS  IT COULD HAPPEN TO YOU (E♭) Med. Fast 4 Beat 
         急遽、相談のうえ、予定曲目を変更… (^^ゞ

======= ここで再度、選曲につき協議 (下注) ===============

 5. (自) on TS  BYE BYE BLACK BIRD  (F) Med. 4 Beat  
         サヨナラ! 黒鳥? からす? 鳩?  少々 アーパ 系にもって行く (^^ゞ
         その変貌ぶりに、観客もビックリ ? (@_@;)
 6. (自) on TS  SOMEDAY MY PRINCE WILL COME  (B♭) Waltz 
         イントロは、小森さんに自由に演ってもらう 
 7. (他) on SS   I LOVE YOU  (F) Med. Fast 4 Beat 
         同じソプラノでも、3.と比べ、やや鋭角的なサウンド、フレーズで
 
<アフター・セッション>
 S1. (他) on Bass (^^ゞ  BEAUTIFUL LOVE  (Dm) Med. Fast 4 Beat 
         O方 氏 (TS) 登場 (^◇^) 。 ベースの久藤さんがWC中、何となく曲が開始、
         筆者がベースを手にし、そのまま進行。 右手人さし指の皮、めくれる (^^ゞ 
 S2.    (FALLING IN LOVE WITH LOVE) 
         O方 氏 (TS) のワン・ホーンを鑑賞
 S3. (星)  IT’S ONLY A PAPER MOON  (Dm) Med. 4 Beat
         ここで筆者の歌を (^^ゞ 勿論、O方 氏 (TS) には オブリ に入って貰う
 S4. (他) on TS  THIS I DIG OF YOU  (B♭) Fast 4 Beat
         O方 氏と、2テナーで。 テナー・バトル付き (^◇^) 。 

(注) ライブ直前の選曲打合せで、筆者の読みは 「小森さんは、やや凝った作りの曲が好みかな?」ということで、上記 2. の類いを多めにピック・アップしていた。 そのテースト自体は外れてなかったのだが…、(聴くのは別として)演奏をするなら、「寧ろシンプルな作りの曲で、共演者も自分も解放されて行く感じが好ましい (^-^) 」 との真意が判明。 制約過多だったようで、ゴメンナサイ (^^ゞ  …なら、こちら好みと似てるじゃないか? (^^ゞ 、かくして候補曲を見直す。

関連記事

この記事と関連する記事

ライブ・レポート 212 (遠賀川編)

(0)TB(0)

AFTER「ライブ・レポート 213 (大森編)

BEFORE「セッション・レポート 161 (博多・赤坂編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top