FC2ブログ
 

クロスオーバー

クロスオーバー

 ミュージック… というわけでもなく、色んな題材が重なり合ったレポートです。
 2年半ぶりにゴルフをプレイ。 直近の東京住まいでは、遠い、高い、面倒くさい… と、サボってたけど、今回は仕事がらみで解禁。 3連休の初日、湯布院に行く。 福岡からは車 (高速) で1時間15分位。 随分と近い。 久々だし、出来はボロボロだったが (^^ゞ 晴天の凛とした空気、素晴らしい景色の中で、怪我もなく楽しめたことで満足。 クラブハウスの風呂は温泉で、当たりも柔らか。 主催者側として、多くの参加者とともに市内の宿に泊まる。 翌朝の解散後には、 「鉄ちゃん」 としての小イベントがあるぞ。 

         トロQ素人

 トロッコ列車、 「トロQ」 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/TORO-Q の見物だ!
 週末に、南由布 ⇔ ※ 由布院 5往復 (他に大分 ⇔ 由布院 1往復) の企画列車が走る。  線路に接近する小道を見つけ 10:50 携帯撮影。 ヘタクソで肝腎のトロッコ部分を外し (^^ゞ 、普通の客車部分を捉えたのが、冒頭の画像 (文末には、オフィシャルの画像 (部分) ) 。

 ※ 温泉地としては、湯布院の表記が一般的だが、駅名は由布院。 高速のICは湯布院。
    山は由布岳。 宿の住所は、由布市 湯布院町 … あー、面倒くさ (;一_一)。

 帰途は、少々寄り道。 耶馬渓方面の山道を走ってみる。 同じ道の往復は避け、回遊コースにこだわる (^^ゞ 。 県道50号で上がり、県679を西に。 うん、自衛隊演習地のススキの原が絶景だ。 県409北行、急峻な下り。 県27西行、今度は猛烈な上り、このあたり 「深」 耶馬渓。 県28を北に下る。 途中 「裏」 耶馬渓 入口あるも、パス。 国道212号にぶつかると 「本」 耶馬渓。 有名な 「青の洞門」 に行くと、回遊が壊れるので、国212を西に向かい 「奥」 耶馬渓を抜ける。 本・裏・深・奥…、 もしも東西南北… まであったら、まるで浦和 (駅) ? (^^ゞ 。 奥耶馬渓近くの 「道の駅 やまくに」 で買った、天日干し椎茸は、袋にいっぱいで 500円 。 ぬるま湯で戻したら、濃厚なダシが出て、本体とともに厚揚げ煮を作ったところ、美味々々(^◇^)。 湯布院や耶馬渓は、紅葉の頃にでも、改めて行ってみたいが、混むだろうな (^^ゞ 。

トロQ小

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

鉄ちゃん、鉄子?懐かしい響きの言葉です!
友人にもペンタックスの6×7を持って機関車を追いかけてる奴がいました。

耶馬溪あたりの紅葉はまだまだ?では
紅葉狙いだと10月後半、11月初めあたりでしょうかね?

寅さんがウィーンと間違えて
外国の方を連れていったという湯布院…

>ポザウネ様
 そう、紅葉にはまだ早かったです。深耶馬渓でチラホラと紅いカエデがありましたが…。

>エヌノ丞様
 第41話ですなv-7http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E3%81%AF%E3%81%A4%E3%82%89%E3%81%84%E3%82%88_%E5%AF%85%E6%AC%A1%E9%83%8E%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%97%85%E8%B7%AF 。 30年前に一度立ち寄ったことがありますが、今回随分と開けていました。 当り前か (^^ゞ 。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索