FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 06/05

音楽エッセー <す>

<す>ーパー・サックス の来日公演を観てぶっ飛んだ!

下線文 「スーパー・サックス」は、アルト・サックスの巨星「チャーリー・パーカー(愛称:バード)」の名演を、アドリブ・フレーズも含めて、サックス5本のJAZZ標準編成(<さ>項参照)にハーモナイズして、豪華に再現するという、とてつもない企画バンドであった。来日公演を観たのは、かれこれ30年以上も前のことであるが、まさに衝撃が走った。
 当時、自分はJAZZへの興味が高まり、チャーリー・パーカーのレコードを良く聴いていた頃だったので、目がテン! ひざガクガク! の状況になった。
 また、この公演では、“超絶技巧”トロンボーンのF.ロソリーノ(<け>項参照)が加わり、この人にも参った! 会場でLPを買って帰った。

 さて、ついに<す>まで到達! 「いろは」のラストには、やっぱり、「チャーリー・パーカー」(バード)に「トリ」を務めて貰いました。

 オチまで駄洒落でスミマセン。 ♪ ちゃんちゃん
 
関連記事

この記事と関連する記事

音楽エッセー <す>

(2)TB(-)

AFTER「音楽エッセー <ん>

BEFORE「音楽エッセー <せ>

COMMENT

  • No.123

    最高! いつも楽しく読んでます(^-^)

    投稿者:のぶラッパ 2007/06/06 (水) 12:33
  • No.124

    >のぶラッパ様:
     ご愛読ありがとうございます。「いろは」シリーズは、これにてひとまず完結ですが、過去の記事へのご質問・ご意見・ご感想等、喜んでお受けいたします。おまけの、<ん>の項が、類別の索引になってますので、拾い読みにお役立て下さい。
     なお、今後も、音楽を基軸としたエッセーを、アット・ランダムに発信していくつもりですので、お付き合い下されば幸甚ですv-10

    投稿者:Melodious 2007/06/07 (木) 00:24 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top