FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2009 09/15

映画館を観る 38

 博多・天神の 「ソラリアシネマ」 ⇒ http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyth/id80015/ を再々訪 (前回はこちら ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-523.html) 。 今回は、新作を観たのだが、21:00以降の上映はレイト・ショー割引で、1,200円 (^◇^) 。 作品 「キャデラック・レコード」 ⇒ http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id333966/ は上映館が少なく、ココも 9/18 まで。 大・中・小 3スクリーンのうち、小 の No.3、 …スいてたぁー (^^ゞ 。

 ブルース系のブラック・ミュージックが、R&B や (所謂) ロック に集成していく一過程を描いたものでしょう。 人種問題をクローズ・アップし過ぎ、…というアメリカ映画の常套的なイヤ味はあるが、音楽面の内容は素晴らしく、ジャズ陣営 (?) 側にも勉強となること満載 (^◇^) 。 「不条理を他人や社会にぶつけず、自己の芸術の昇華に用いよ」 とのメッセージには大いに賛同できる。 下層の者であっても、キャデラックと云うピカピカの高級車を乗り回せたら…、という憧れは、当時を象徴し、インパクト大。 ’50年代のアメ車って、イカしてるよね! 勿論音楽も (^^ゞ 。 懐かしいシカゴの街 (3カ月滞在歴あり) も映る。 もう一度観たい映画だ。

関連記事

この記事と関連する記事

映画館を観る 38

(0)TB(0)

AFTER「調理時の安全装備

BEFORE「ライブ・レポート 156 (遠賀川編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top