FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2009 08/02

あ・ら・さ・が・し

 昔のテレビ・ドラマでは、 「一部不適切な表現がありますが、当時の社会通念、作品のオリジナリティーを尊重し、そのまま放映いたします」 とのテロップがしばしば流れる。 所謂 「差別用語」 に関するものであり、大概は受容範囲なのだが、本日の下記プログラムは、ちと (^^ゞ 。
 ローカルな話ですんませんが (^^ゞ、 8/2 (日) 11:55~ テレビ大阪での再放送ドラマ 「太陽にほえろ」 第15話 「拳銃とトランペット」 がそれ ⇒ http://tv.yahoo.co.jp/program/?area=osaka&minnaid=113943&week=0&date=20090802&stime=1155

 ストーリーは、黒人の元ジャズ・トランペッター、現在米兵のサムが、日本に来て、大麻だ、ピストルだ…、 っちゅう、そんなモンで、(赤ん坊ではなく) ○○ん坊 なんて言葉が、 「ピー」 無しで聞こえてくる。 まあ、それは良しとして…、 ライブ・ハウスで、日本人の若手ドラマーが、ジャズ・トランペッターのことを熱く語るシーンがあり、 「やっぱ、黒人プレーヤーに限るぜ、ディジー・ガレスピー、クリフォード・ブラウン、マイルス・デイビス、チェット・ベーカー …」 おいおいっ!  チェット・ベーカー は黒人かよっ! 
 そーかー!?  「一部不適切な表現」、「作品のオリジナリティーを尊重」 とは、このことだったのか? (笑)   との、時代を越えた深い配慮に感激いたしました (笑)。 なお、このサムは、レコード (LP) を 出していたのですが、フル・ネームは サム・ジョーンズ で、その綴りは 
SAM JOHNESE とありました。 こんなところにも、製作側の 「こだわり」 ※ が偲ばれ、またまた感動 (勘当) いたしました (^^ゞ 。

 ※ こだわり の語感については別稿あり ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-525.html 
関連記事

この記事と関連する記事

あ・ら・さ・が・し

(2)TB(0)

AFTER「乱入レポート 67 (博多・赤坂編)

BEFORE「乱入レポート 66 (博多・赤坂編) 

COMMENT

  • No.1030

    昔のドラマや映画を観てるとよくありますね。太陽に吠えろは観てましたが、サム・ジョーンズの出てくる場面は記憶にありませんでした。
    差別用語も気付かずに使っているかも?と思うと気をつけなければ。

    投稿者:ポザウネ 2009/08/03 (月) 10:42
  • No.1031

    >ポザウネ様
     差別は非、区別は是 っちゅう分別(ふんべつ)をつけることが肝要でしょうね。 でも、「分別」って、ゴミに関しては「ぶんべつ」と濁って読むし、ああ、日本語って難しい (^^ゞ 。

    投稿者:Melodious 2009/08/04 (火) 01:12 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top