FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2009 07/06

乱入レポート 58 (調布編)

 7/5 (日) 昼、調布 GINZ のジャム・セッションに参加! …のつもりが、行ってみたら、ジャズ・ピアノ教室の発表会との様相で (^^ゞ 。  どーしようかな? と思ってたら、ホストのピアノ先生、親切なことに、「折角なので、宜しかったら終盤のデモ演奏に TS で参加下さい」 との、ありがたきオファー。 勿論、喜んで参戦。 よって 「乱入レポート」 との分類。
 ワンホーン・インスト演奏に加え、Noriko 師匠の歌伴にも参加出来て、W ラッキー (^◇^) 。 この日の夜は、Vo.教室仲間のライブだが、帰福せねばならず、夕刻のリハ時に、お顔だけ見て、泣く々々羽田へ

<凡例>
  (他): 他者選曲のインスト  (伴): 歌伴
  
 1.(他) ON GREEN DOLPHIN ST.  (E♭) Med. Fast Latin/4 Beat
        プロ・バンドをバックに、伸び々々と演奏 (^◇^)
 2.(伴) FEEL LIKE MAKIN’ LOVE  (D) 16 beat
        Noriko 師匠の十八番!  のりのり (^◇^) 

関連記事

この記事と関連する記事

乱入レポート 58 (調布編)

(6)TB(0)

AFTER「コンビニ・アイス

BEFORE「ライブ・レポート 147 (横浜・上郷編)

COMMENT

  • No.997

    忘れた頃にやって来るS崎ダンナでございます。

    日曜日、調布の店に「××ライブ」のリハで行ったら、期せずしてマスターがいたものだから、こちらの方に“びっくり”していまいました。ライブの方は、タイトルと違って、全然“びっくり”する仕掛けが何もなく、通常のバースディ・ライブでしたが。(^o^)

    ボーカル教室のS氏が歌う「素顔のままで」に、アルトでバッキングに入りました。例のフィル・ウッズの間奏を自分のボーカルに欲しいというS氏からの依頼です。

    何回か運指を間違えたものの、どうにかエンディングまで持ち込み、ほっと一安心。

    翌月曜日(公休日2日目)、午後から吉祥寺に出ました。駅前のガストで生ビールを飲みながら、ちょこっと書き物をしたり、ヨドバシカメラの7階にあるタワーレコードでCD(国府弘子とナンシー梅木)を買ったりし、中華レストランに入り、チャーハンで腹ごしらえをしてから、ジャズ喫茶の「メグ」へ。

    ジャムセッションを見学しに行ったのです。

    結果を一言で言えば、レベルの高さに、ア然!ボー然!

    「メグ」のセッションのレベルに比べたら、調布の店のセッションでの自分の演奏など“お遊び”と言われても仕方ないなぁ、と思ったほどです。

    「メグ」でのセッションには、途中から入店した人も含めて、参加者は12人でした。内訳はアルトサックス1人、トランペット1人、ドラム3人、ベース1人、ボーカル3人、ピアノ2人、フルート1人です。

    とにもかくにも、みんなレベルが高かった。半分、呆けたようになって、最後まで聴き続けました。

    「メグ」で“びっくり”することがありました。

    セッションが終わって、舌を巻くくらい上手かったボーカルの中年男性と女性に話しかけました。2人に「調布にあるライブハウスのセッションに出てるんですが、外で武者修行しようと思い、今日は見学に来ました」と話したら、男性は「ギ×ズですか」と言うではないですか。さらに「私たちの仲間にも、あそこにに行ってる人がいます」と言うものだから、「えっ、誰ですか?」と聞いたら、何とマスターとS水さんの名前が返ってきたのです。そりゃもう、びっくり!

    その中年男性、M・はるおさん。もちろん、マスターはご存知ですよね。

    マスターについては、「あの人は別格」とも言ってました。前日にマスターと会ったことを話したら、「えっ?じゃ、連絡くれれば良かったのに」と、女性の方が話していましたよ。改めてマスターの音楽人脈の広さを認識したことです。

    とまぁ、昨夜は“衝撃”のセッション見学でした。

    参加者の演奏とボーカルを聴いていて、あまりのレベルの高さに、自分の気持ちも萎えました。「メグのセッションは、自分にはちょっと無理かなぁ」と気弱になったのです。でも、ボーカルの男性と話しているうちに、「いや、やっぱり来週のセッションに来よう。こういうレベルの高い人たちに混じり、大恥をかかなきゃ上達しないさ」と思い直し、13日のセッションに初めて参加することにしました。

    自分にとっては、「サックスをやること」は「調布の店に出入りする」ことと、ほぼ等式でした。でも、それだけだと、自分のサックス修行は井戸の中の蛙になってしまいますよね。そろそろ、あの店から“乳離れ”しなければと思ってるのです。自分のレベルを省みずにです。

    ということで、13日は「メグ」のセッションに出かけて、“自爆”してきます。

    とまぁ、マスターのブログのコメントに、ベラベラと自分のことを書いてしまいました。不悪。

    投稿者:S崎ダンナ 2009/07/07 (火) 19:48 [ 編集 ]
  • No.999

    >S崎ダンナ様
     長文大歓迎です(^◇^)。筆者にも、読者さんにも、とても嬉しい情報です。 さて、「素顔のままで」のリハを聴かして頂きました。本番にも居たかったです。M・はるおさんから「挨拶が無いぞ(笑)」とのメールを昨夜遅くに貰いましたが、そういう訳だったんですね(^^ゞ。MEG http://www.meg-jazz.com/ には何度か行きました。右下の「カテゴリー」別の「セッション・レポート」をクリック、その、#93、#87などをご覧下さい。月曜セッション、ホストは毎週変わりますが、月末の高木さん(pf)など良く知っています。いずれにせよ、他流試合等々、色んなところに行くのが良いと思います。

    投稿者:Melodious 2009/07/07 (火) 21:15 [ 編集 ]
  • No.1001 あれ?

    あの日、「When I Fall In Love」は歌わなかったのですか?
    というか、歌えなかったのかな。
    あの感じじゃ、夕方からのリハを押しそうでしたもんね(^^;

    次回、またセッションでご一緒したいですね。Duoではない「When I Fall In Love」も楽しみにしています。

    投稿者:Sachiko♪ 2009/07/08 (水) 21:31
  • No.1003

    >Sachiko♪ 様
     お察しの通り、歌まで歌う時間はありませんでした。夜の部のリハ時間ギリギリまでの開催、そんな中で、全3曲のデモ演奏中、2曲も参加をオファー下さったのですから、これ以上望んではバランスを欠くでしょう(デモは表記の2曲の他、ホストによるピアノ・トリオが1曲)。デモ曲が決まった際、noriko師匠がすぐ飛んできてくれ、「歌が入ってないけど、いいんですか?」と訊いてくれた。ホントに行き届いた方ですね(^◇^)。でも、デモ演奏 (^^ゞ との趣旨からも、筆者にはインストが妥当、まして師匠との共演(歌伴)もありなら、「とても」満足している旨返答し、実際に充実したステージでした。
     When I Fall In Love は、九州・遠賀川で昨夜(7/8)歌いましたので、別途レポートします。練習を重ね、次回、お聞かせしたいです。

    投稿者:Melodious 2009/07/09 (木) 07:57 [ 編集 ]
  • No.1004

    S崎ダンナでございます。

    >>>>
    長文大歓迎です(^◇^)。筆者にも、読者さんにも、とても嬉しい情報です。
    <<<<

    ありがたきお言葉。どうも書き出したら止まらなくなる習性がございまして。(^_^;)

    >>>>
    さて、「素顔のままで」のリハを聴かして頂きました。本番にも居たかったです。
    <<<<

    リハより本番の時の方が、多少は良かったかなぁと思って…いや、勘違いしております。

    当日の2週間ほど前、ボーカルのS藤さんにバンド譜を渡し、「歌はこの構成と同じですか」と確認し、「同じです」の返答をいただいてたにもかかわらず、リハでの歌を聴いたら構成が違っていて、バッキングする側としても、ちょっと困惑しました。録音を聴き返してみたら、その戸惑いぶりが演奏にも出ておりました。(^o^)

    それにS藤さん、英語の歌詞が“自由奔放”というのか、“想像力旺盛”と言うのか、ビリー・ジョエルの歌詞のフレーズが、あっちゃこっちゃ、ゴチャマゼになってて、“英語の歌”として聴くと、意味不明の箇所がワンサカとありました。(^o^)

    >>>>
    M・はるおさんから「挨拶が無いぞ(笑)」とのメールを昨夜遅くに貰いましたが、そういう訳だったんですね(^^ゞ。
    <<<<

    メグでのセッションでM・はるおさんがテーブルに戻って来た時、「すばらしいですね」と声をかけたら、「金がかかりましたから」と答えてましたが、やはりプロのボーカリストに長いこと習っているという印象を受けました。

    >>>>
    MEG http://www.meg-jazz.com/ には何度か行きました。右下の「カテゴリー」別の「セッション・レポート」をクリック、その、#93、#87などをご覧下さい。
    <<<<

    さっそく読ませていただきました。

    <<<<
    月曜セッション、ホストは毎週変わりますが、月末の高木さん(pf)など良く知っています。いずれにせよ、他流試合等々、色んなところに行くのが良いと思います。
    >>>>

    13日のセッションに行ってきます。その様子を、また書きますね。“場数を踏み、恥をかかないと上達せず”という原理主義を信奉し、立ったことのないステージに突っ込んで“自爆”して参ります。でもセッションをぶち壊しにする“テロリスト”にはならず、聴いてくれる人を官能的な気分する“エロリスト”を目指します。

    投稿者:S崎ダンナ 2009/07/10 (金) 10:26 [ 編集 ]
  • No.1005

    >S崎ダンナ様
     構成を確認しても、いざ始まってみると、違ってたり、変わっちゃったりすることは、しばしばあります。鼻を利かせて、流れに乗っちゃうしかないですね。フロントが決めちゃうか、バックのリーダーが指示するか、状況次第です。栄光の 「エロリスト」 に向け、数々の佳き遭遇を祈念いたします。

    投稿者:Melodious 2009/07/11 (土) 09:08 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top