FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2009 05/12

個人メドレー

 ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、4種が揃ったので、目指すはマルチ・プレイヤー (^◇^)  …と意気込むも、そんな簡単には行くもんじゃない (;一_一) 。 夫々の持ち味を活かすのは生易しいものじゃない。 指使いは同じでも、全く違う個性を持った楽器たちだ。 強いて例えれば…、
 
 ソプラノ=バタフライ、アルト=平泳ぎ、テナー=自由形、バリトン=背泳ぎ って感じかな? はたまた、ソプラノ=味噌ラーメン、アルト=塩ラーメン、テナー=醤油ラーメン、バリトン=豚骨ラーメン ってな具合かも?
 いずれにせよ、自分の 「癖」 で吹き倒すより、各々の楽器の持ち味、匂いを肯定し、その 「良さ」 を代弁する気持ちが大切なんだろうな。 楽器の個性・表現力を信じ、リスペクト して、楽器という生き物に 「人工呼吸」 をかまして、生き返らせるイメージかな。
 意外な発見! バリトンのブレス・コントロールは、ボーカルにかなり近い感じがする。 一見楽器の方が息が要りそうだが、実はボーカルの方が大変。 サックスに比べて (力学的) 効率は悪く、音量・音域とも劣る。 そんな中で、バリトン・サックスは、かなり息を消費し、ボーカルの感覚に近い。 相乗効果を狙い、せいぜい両方とも鍛練することとしようか (^^ゞ 。

関連記事

この記事と関連する記事

個人メドレー

(4)TB(0)

AFTER「面白い取合せ 2

BEFORE「乱入レポート 42 (博多・赤坂編)

COMMENT

  • No.907

    その感覚、よ~くわかります。

    トロンボーンにもいろいろ有りまして、同じB♭でも細管、中細管、太管、つまり管の太さが違う分類とF管がついたテナー・バス、F管+D管orE♭管がついたバス・トロンボーンしいてはE♭管のアルト・トロンボーンがあります。

    通常ジャズでは細管もしくは中細管のテナーとバストロンボーン(太管)の使用頻度が高いかな。

    ブレスはボーカルと似ていて、通常足らなくて苦労することが多いです。

    声の場合は仕方ないですが、自分の気に入った楽器に出会える事ほどラッキーな事はないかも知れませんね!

    投稿者:ポザウネ 2009/05/12 (火) 10:41
  • No.908 揖保の糸

     ラーメン??
    麺類つながりだけど、

    歌の発声のエクソサイズで、横隔膜を広げて下げてたっぷり息を吸った後、(そうめんをすする口の形で、逆に息を出す)極細の最高級のそうめんが1本、長く長く口から出ているイメージで、頭のてっぺんから体の回りを縦にぐるぐる回っているように細く長く息を吐く練習をしたことがあります。

    おなかをしっかり支えて、いかに息を上手に使うかということですね。

    沢山ためて、大切に少しずつ使う。

    無駄遣いはダメ。ってことね。

    投稿者:mrs.goofy 2009/05/12 (火) 13:54 [ 編集 ]
  • No.910

    >ボザウネ様:
     なるほど! スパゲッティ、リングィネ、フィトゥチーネ、ラビオリ等のごとく、太さや形状により、茹で時間や噛み応えが違うわけですね (^^ゞ 。 大きい楽器は、息の量は要るけど、アタックで一旦鳴ると、(慣性かな?)息を絞ってもイケる感じもします。

    投稿者:Melodious 2009/05/13 (水) 00:21 [ 編集 ]
  • No.911

    mrs.goofy様:
     おなかの支え、大事ですね。 変にリキむのではなく、しっかり支える習慣をつけるよう、注意もされるし、気を付けてます。 ところで昨日、ダイエーで「揖保の糸」を買おうと思ったのですが、高くて買えず(;一_一)、プライベート・ブランドのもので代替しました。 いきなり素麺を吹くのは厳しいので、うどん、きしめん、冷麦の順でイメトレします。

    投稿者:Melodious 2009/05/13 (水) 00:28 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top