FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 05/22

音楽エッセー <て>

<て>ナー・サックスの星

 S.ロリンズ、J.コルトレーン、W.ショーター、彼らは同じ星の下(もと)に生まれている。

 「乙女座」(Virgo)生まれである。偶然(こじつけ?)とは云え、もの凄い取合せだ。
 アルトではC.パーカーが、またピアノのH.シルバーなども、「乙女座」プレーヤーとして知られている。
 
 実は、筆者も「乙女座」生まれ。
 因みに、JAZZ界の「4大テナー」とは、先の3人に筆者を加えたもの!? 
  …と言う人には、残念ながら、まだ会ったことがない。

関連記事

この記事と関連する記事

音楽エッセー <て>

(2)TB(-)

AFTER「音楽エッセー <あ>

BEFORE「音楽エッセー <え>

COMMENT

  • No.107

    最近T師匠は、デクスター・ゴードンに再び傾倒されておるようです。

    投稿者:s35 2007/05/23 (水) 01:46
  • No.108

    >s35様:
     デクスターの良さ、この頃やっと分かるようになりました。以前は、「ゴツゴツ」したテーストが、必ずしも好みではなかったけれど、籐の枕を愛用するようになってから、心地よいダンディズムを感じるようになりました。
     1月に、ドラムレス・トリオで「ラウンド・ミッドナイト」を演奏したときに、「ヨッ! 地元の木偶スター!」との、身に余る言葉を頂き、ルンルンしました。メロだけ吹いて、アドリブは割愛したのですが、この曲は、メロだけで十分説得力があるんですね。

    投稿者:Melodious 2007/05/23 (水) 22:27 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top