FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2008 12/31

映画館を観る 31

 大晦日。 「ラースと、その彼女」 ⇒ http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id329674/ という作品を、渋谷の シネクイント ⇒ http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyth/id11241/ で観る。 メンバーは、上京中の一家4人総出である (^^ゞ 。

 第2回目の上映。 227席の2割程度の埋まりで、空いている。 シートの形状・質感が良く、観やすい。 夫婦50割引(二人で2000円)、娘は水曜レディース・デイ 1000円、息子には高校生の正規料金1300円 を適用。 
 映画の内容は、「ヤフー・ムービー」 での評にたがわず、とても良かった。 一風変わった、ややお下品な着想が、実際、上質な笑いと人の優しさに溢れ、(中学生以上の) ファミリーにも勧められる内容である。 年末のさなか、何か、心が温かくなった。 人間、本気な時ほど一見滑稽に写ることもあり、また滑稽に見える時ほど、何か隠れた真実・優しさっちゅうもんがあるのかなぁ…、などと、しみじみ思った次第。

関連記事

この記事と関連する記事

映画館を観る 31

(0)TB(0)

AFTER「セッション・レポート 84 (渋谷2丁目編)

BEFORE「ライブ告知 12月

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top