FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 05/11

音楽エッセー <う>

<う>まくとも・心に染みぬ・バカテクや

 「音色」が気持ち良いか、さほどで無いかは、聴く側の感覚的、生理的な評価に委ねられる。

 いかに「なつこい」音、聴衆の心に染み込む音を出すか、センスを砥ぎ澄ませ鍛錬を重ねる。
 聴衆の満足度は、殆どプレーヤーの「音色」で決まる。
 ここでプレーヤーが忘れがちなことは、音色が「結果として」どう聴こえるかの「逆算」だ。
 生音主体の狭い部屋か、PAのギンギンに効いた大会場か、千差万別の環境のなかで、
 最終製品たる「聴衆にとっての音色」を、いかに推計するかの勝負。
 マイクの使い方はもちろん、奏法(吹き方)にも大胆な変更・調整が必要。

 楽器を鳴らすことと、響かすことは、別モノなのだ。

関連記事

この記事と関連する記事

音楽エッセー <う>

(2)TB(-)

AFTER「音楽エッセー <ゐ>

BEFORE「音楽エッセー <む>

COMMENT

  • No.91

    このコメント見て間違いなく私の知ってる方だと確信しました。

    「鳴らすと響かせるとは違う」・・・重い言葉です。

    投稿者:ギュウ 2007/05/12 (土) 01:43 [ 編集 ]
  • No.92

    いらっあーしゃい! 待ってましたで。 ほんま。 ご推察通りの人間でございます。
    正体を隠すつもりも無かったけど、旧知の方からも、より客観的な意見を頂きたくて、頭だけを隠し、
      「尻隠さず~・見つけて欲しい・カクレンボ~」 の状況でした。
    本ブログは「自由な意見交換の場」を意図しており、今後とも、一言、二言、多言、よろしく願いします。
    ブログ自体、始めたばっかりなので、それへの助言(例:字が見にくい、レイアウトが…)も歓迎です。
    まずは、「いろは」完結に向けて頑張ります。

    投稿者:Melodious 2007/05/12 (土) 08:31 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top