FC2ブログ
 

セッション・レポート 60 (銀座8丁目編)

セッション・レポート 60 (銀座8丁目編)

 9/3は、銀座8丁目 A の水曜セッションに。 テナーを持参。 前回 (8/20) ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-310.html まで伏せ字紹介していた 横前恭子さん (Vo.) ⇒ http://2-dee.cocolog-tnc.com/about.html 、そしてこの日はTAKERU さん(pf)がホスト。 この日は、お馴染み S水さん とともに、やはり Vo.仲間の M田S子さん…こちらはもう暫く伏せ字でお楽しみ下さい (笑) … も参加。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト  (他): 他者選曲のインスト  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」

 1.(伴) OVER THE RAINBOW  (D) Slow Bounce
    S水さん(男 Vo.) の歌伴 
 2. (M田S子さんの  FLY ME TO THE MOON)
 3.(星)  LIKE SOMEONE IN LOVE  (C) Med. 4 Beat 
    スキャット・ソロあり。 後テーマは久々に 「勝手翻訳」 日本語歌詞で歌うも、
    何と歌詞を一部を間違え、トホホ …。 あれっ、言わなきゃ誰も気付かんか?
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 4.(伴) I’VE GOT THE WORLD ON THE STRINGS  (E♭) Med. 4 Beat 
    S水さんの歌伴
 5. (M田S子さんの  モナリザ)
 6.(星)  YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS  (Fm) Slow 
 7.(伴) IF I SHOULD LOSE YOU  (Dm) Med. Fast 4 Beat
    ホスト Vo. 横前 恭子さんの歌伴。 この日は、意見を聴き、もう一歩踏み込んで絡む
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 8.(伴) OUR LOVE IS HERE TO STAY  (E♭) Med. 4 Beat 
    S水さんの歌伴。 急遽加わったイントロ・メロのキーを間違え、「反省!」
 9.(星)  I CAN’T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE  (G) Med. 4 Beat 
    Fl.のハレさんにも入って頂く
10.(伴) ウィーパップゥダー? by D.ガレスピー  (C) Med. Fast Blues
    本日ラストは、恭子さんの歌。 TS と スキャットでも参加

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

感謝♪

GINZ以外での初のセッションを一字違いのGINZAで(笑)
緊張しましたが、温かなお店の雰囲気と素晴らしいホストバンドの方の助けもあり、楽しんで歌う事が出来ました。
そういえば、マスターのダジャレも一段と冴えていたなぁ(笑)

この日、何より嬉しかったのが、Vo.の恭子さんにお目にかかれた事v-291
マスターに伺っていた通りの素敵な方でしたv-352

恭子さんの歌を聴いて、すごいなぁ…と感動し、またまた「私も頑張るぞ~!」とやる気が湧いてきたのでした♪

この日は前回GINZのセッションで失敗した「モナリザ」を歌うも、バース部分がやはり上手く歌えない…。バースって難しい。でもバースのある歌をいっぱい覚えて歌いたい。このあたりはS水さんの影響もあるのかな(^^)v
初の銀座セッション、お陰様で本当に楽しかったです。
ありがとうございました。

>M田S子様:
 喜んで頂けて良かった! ホストは、歌の伴奏に慣れた方々なので、柔軟に対応してくれます。 S子さん、イイ歌でしたよ。 「出稽古」は、とても有益なトレーニングの場だと思います。 得た成果をホームで報告(披露)すれば、師匠も嬉しいだろうし、教室や仲間たちの活性化にも繋がるとも考えます。 恭子さん、ウチらの師匠と相通じる部分があり、イイでしょー。
 また行きましょう! この日はデビューを静かに見守りましたが、次回は、曲(想)によってはTSで乱入させて下さーい。

マスター様
はい。色んな意味で勉強になりましたし、新たな人との出会いが嬉しかったです。
「出稽古」の大切さ、実感致しました。
恭子さん、我々の師匠と相通じるものを感じました。
本当に素敵だと思います!
マスターのTS乱入、楽しみにしております。
是非また、ご一緒させてください。
P.S
セッション前の皿うどんは、驚きの美味しさでした。
1週間に1度は食べたくなりますね!

>M田S子様:
 了解! 乱入心待ちいたします。 さて、皿うどん&チャンポン のリンガーハットは庶民の味方。割引券があれば、いずれも450円→390円と激安で、野菜も摂れます。私は、チャンポンよりも皿うどん派。広域のチェーン店で下関でも良く寄りました。都内では、赤坂見附店も便利ですよ。こーゆーところでは節約して、音楽活動に充てたいもんねー!

皿うどん

S崎ダンナでございます。

★マスター、M田さん

リンガーハットは庶民の味方なんですね。ふむふむ…。

まだリンガーハットの皿うどんは食べたことがありません。今度、ぜひ店に入ってみます。

独身の頃、仕事帰りに良く目黒駅前の吉野家に入り、50円のおんしこをプラスして牛丼を食べたものです。権の助坂の途中にある立ち食いの富士うどんも良く入った。

永田町に仕事の現場があった頃は、原稿の仕事が終わると、赤坂方面に出て「赤坂ラーメン」にしょっちゅう入りました。ここも立ち食いです。若いオニイチャンたちが作っていて、これが無性にうまかった。それにファーストフードの石焼ビビンバも良く食べに行きました。

とまぁ、独身時代はファーストフード漬けでした。

マスターが言われるように、節約すべきは節約し、音楽の方に資金投入を心掛けたいものですね。サックスを始めて、「楽器をやると、いろいろと物入りになるんだなぁ」ということを発見。付き合いも含めて、ですけど。

>S崎ダンナ様:
 吉野家 vs 松屋 ! 私は松屋派です。 というのは、少し安くて味噌汁も付いてるから (^^ゞ。  さらに言えば牛丼 (牛めし) より豚丼 (豚めし)派で。 これは値段云々でなく、豚の方が好きだからです。 仮に豚の方が高くても豚を選びます。 すき焼きも、しゃぶしゃぶも、本当は豚の方が好きです。

ブヒッ、ブヒッ!

★マスター

> 吉野家 vs 松屋 ! 私は松屋派です。 というのは、少し安くて味噌汁も付い
>てるから (^^ゞ。

阿佐谷に住んでいた頃--最後の独身アパート--阿佐谷駅前に松屋がありました。ときどき入っては晩飯に牛丼を食べていました。けれども大晦日の夜に仕事を終えて帰宅し、松屋で牛丼をたべた時には、さすがに殺伐とした気分になったのを覚えています。

真夏のある日、朝方までアパートの部屋で仕事をし、腹が減って松屋にでかけました。この時は牛丼ではなくカレーライスを食べようと注文したら、店員がジャーの蓋を開け、「ん?スイマセン、ご飯が悪くなってるので、もう店を閉めますので」。それ以来、松屋からは足が遠のいたままです。

> さらに言えば牛丼 (牛めし) より豚丼 (豚めし)派で。 これは値段云々でな
>く、豚の方が好きだからです。 

マスター同様、僕も豚の方が好きです。ビーフカレーは絶対に食べずに、ポークカレーです。

それに子供の頃、牛肉を食べた記憶がありません。物心ついた頃に母親が作るライスカレーにはクジラ肉が入っていましたし、“すき焼き”と称していた料理の肉は豚でした。


松屋派

マスター様 S崎様
私も松屋派です。そして、牛丼よりも豚丼が好みなところはマスターと一緒♪
安いの旨いのはっやいの~♪と筋肉マンも歌っています。
丼ものって太るけど、手軽だし旨いし、大好きなのです。
目黒といえば、私の第二の故郷。19歳で上京し、新聞奨学生をした2年間とその後、4年くらいは目黒に住んでいました。
もっぱら、配達区域は下目黒2丁目でしたが、目黒の安いお店は行きつくした感がありますね。
話はライブレポートの方に戻りますが(笑)、出稽古で経験を積んで、その成果をホームで報告(披露)するという事は素晴らしい事ですね。
ホームを愛するからこそ、そこから少し離れて自分を試す事も必要。そうやって強く、たくましくなっていける気がします。


疾風怒濤

★M田さん

目黒に6年間、住んでいたんですね。僕は東京で仕事をするようになって目黒に移り住み、5年間住んでいました。1985年から1990年までです。

目黒で過ごした20代後半から30代前半は、仕事ではわがままな親分に仕え、まさに“疾風怒濤”の時期でした。「大変だったなぁ」という記憶しかありません。あまり良い思い出がありませんね。

>もっぱら、配達区域は下目黒2丁目でしたが、目黒の安いお店は行きつくした>感がありますね。

僕は下目黒4丁目に住んでいました。あの有名な寄生虫会館の裏にあるオンボロ・モルタルアパートでした。目黒駅前の吉野家で食べたり、権の助坂途中にあるカレーショップで食べたり、近くの総菜屋で弁当を買ってきて食べたり、食費にはお金をかけないようにしていました。

ハニーちゃんと結婚してから、休みの日にそのオンボロ・アパートを訪ねてみたことがありました。建て替えられて、小ぎれいな独身用アパートに代わっていました。

あまり楽しい思い出はなかったけど、僕にとっても下目黒は忘れることができない街です。

そうそう、昨日、ハニーちゃんに頼まれ、ねこマジの「反省」を音楽配信サイトで購入し、ダウンうロードしました。ふたりでパソコンに接続してあるシステムコンポのスピーカーに耳を傾けながら、「何となく、M田さんとN野さんのコンビに声が似てるよね」と話し合っていました。

ねこマジ、ぜひとも生のステージを見たい、聴きたい!

S崎様

下目黒4丁目にいらしたんですね。ご近所。
寄生虫館、食欲を失くす場所ですね(笑)
私も2年目は、風呂なしトイレ共同のオンボロアパートに住んでました。
私も結婚してから、主人を連れて、そのアパートへ行きましたよ。皆、同じ事をしますね(笑)
私の住んでいたアパートは、取り壊し寸前といった感じで、人は住んでいませんでした。
でも、自分の原点を思い出せるというか、やっぱり大事ですよね。

あ、ねこマジのMDをハニーさんに渡したくてずっと持ってたんです。
でも、待ちきれませんでしたよね。ごめんなさいi-238
アルバムごと、ダウンロードしていなければ、今度お渡ししますね。
ねこマジ、想像を超える素晴らしさですよ。
是非、行きましょうね!

>S崎ダンナ様:
>M田S子様:
 目黒には小生も想い出があります。もう20年以上前ですが、当時所属していた 「ハイライト・オールスターズ」 というビッグバンドの練習場所が、ゴンノスケ坂沿いのマッドスタジオ。また、そこから少し駅寄りのブルース・アレイで何度かライブもやりました。
 それと、寄生虫館、昨年5月、東京に転勤になって程なく、一人で散策しました。思いのほか、カップルが多かったですね。やはり、カップルにとって重要なのは、愛情よりも 「既成(寄生)事実」 ですかね? 散策時の模様を、当ブログでレポートしています。⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-58.html

バカですねぇ…

日勤を終えたばかりのS崎ダンナでございます。

★マスター

>目黒には小生も想い出があります。もう20年以上前ですが、当時所属してい
>た 「ハイライト・オールスターズ」 というビッグバンドの練習場所が、ゴンノスケ
>坂沿いのマッドスタジオ。また、そこから少し駅寄りのブルース・アレイで何度
>かライブもやりました。

きっと権之助坂の途中で、サックスケースを担いだマスターとすれ違うこともあったんでしょうね。同じ場所にいながら互いの存在を知ることもなく、全く“他人の関係”だったどうしが、後年何らかのきっかけで出会う--人間の縁の不思議を思わされます。

6月、東京プリンスで行われたソニー・ロリンズのパーティに師匠を案内し、取材を担当した同僚の女性記者、それにサックス教室のSクモト君を連れて目黒に出て飲み直しました。ふと3人でブルース・アレイの入り口まで行ってみました。「ここでマイルス・ディビスの伝説のライブがあったんだよね」などと話しながら。

ブルース・アレイのすぐそばに、「目黒シネマ」という小さな名画座があります。下目黒に住んでいた頃、休みの日にひとりで入り、見終わると、近くの汚い飲み屋で飲んだものです。

> それと、寄生虫館、昨年5月、東京に転勤になって程なく、一人で散策しまし
>た。思いのほか、カップルが多かったですね。

ハニーちゃんと入ったときも、若いカップルがわんさかといました。サナダ虫ちゃんなどをデザインしたTシャツや文房具などの“寄生虫グッズ”がたくさん売られていて、一味違ったデートコースとして隠れた人気があるのかも。

★M田さん

>私も2年目は、風呂なしトイレ共同のオンボロアパートに住んでました。
>私も結婚してから、主人を連れて、そのアパートへ行きましたよ。皆、同じ事を
>しますね(笑)

寄生虫会館裏のボロアパートも風呂なしでしたから、銭湯通いでした。でも帰宅が遅くなったりすると銭湯がしまっていて、仕方がないから、タオルを水で絞って全身を拭いて我慢したりとか。

そうこうするうちにコインシャワーが近くにでき、銭湯がしまっている時に利用しました。が、「5分・100円」のコインシャワーだと、シャンプーしている途中にお湯がストップすることもままあり。仕方なく、泡だらけのままシャワー室から出て、100円玉をもう1個入れて、洗髪を再開なんてことも。

自分の部屋の上にはOLが住んでいました。アパートが安普請なものだから、けっこう上の音が聞こえてきます。いや、手に取るように分かるのです。そのOLが真夜中にボーイフレンドといっしょに帰ってきたりすると、S崎青年は上が気になって悶々とする--などという都会の片隅ではありがちなことも。

とまぁ、何だか、「神田川」の世界とあまり違いませんね。銭湯の帰りに、おでんやギョーザを食べたりしてたんですから。


>私の住んでいたアパートは、取り壊し寸前といった感じで、人は住んでいませ
>んでした。
>でも、自分の原点を思い出せるというか、やっぱり大事ですよね。

僕にとっても下目黒のあのボロアパートは、東京での生活の原点ですね。“波乱万丈”の目黒時代は、楽しいことはあまりなく、恥ずかしいこと、バカなこと、マヌケなこと、忘れてしまいたいこと--などなどのオンパレードです。

あぁ、恥ずかしい!

若気の至りというには、あまりに自分のバカさ加減がうらめしい。

>あ、ねこマジのMDをハニーさんに渡したくてずっと持ってたんです。
>でも、待ちきれませんでしたよね。ごめんなさい
>アルバムごと、ダウンロードしていなければ、今度お渡ししますね。
>ねこマジ、想像を超える素晴らしさですよ。

ダウンロードしたのは「反省」だけですので、今度あった時にはぜひMDをくださいね。ゆうべ帰宅したら、ハニーちゃんはメイド・イン・チャイナのCDラジカセで、ニコニコしながら「反省」を聴いていました。

>是非、行きましょうね!

ぜひぜひ、ねっ。

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索