FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2008 07/12

巨人の星 (続)

 非 音楽ネタです。 朝6:30から、東京MX-TV(14ch)の 「巨人の星」 を時々観るようになったことは、前にお知らせしたとおり。 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-253.html 巨人に入団して2軍での特訓中との進行状況だが、たまに、セリフの一部が不自然に消える (一瞬無音になる) ことがあり、はて、大リーグボール2号 (消える魔球) の開発はまだなのに?…、
 と思ったら、コレ、所謂 「放送禁止用語」 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%80%81%E7%A6%81%E6%AD%A2%E7%94%A8%E8%AA%9E をカットしてたんですね!

 例① 少年が飛雄馬に向かって、 「お兄ちゃん、ダメだよ、そんなに急いじゃ!
      『慌てる○○○は貰いが少ない』 って言うだろー」。
 例② (飛雄馬が照れて) 「いやー、僕はただの野球△△△△で…、」
 例③ (伴が星に向かって) 「おいっ、星ぃー! お前、気でも□□□□のかぁー?」

 格言・引用や、時代背景等々考え、寧ろそのままの方が良い場合もあろうと思う。 無音スペースは気味が悪いし、下手な 「言い換え」 は、かえって小バカにしたようにも受けとれるし…。
 例①で、古事記と言わずに 「経済的に不自由な人」 なんて言ったら余計にオカシイし、例②で、基地外と言わずに、「愛好家」、 「熱中症」 なんぞじゃ、別の誤解も生じるし…。
 ところでワイフに、「この<部酢>、<ペチャ杯>!」 と言う代わりに 「顔の不自由な人」、「胸の発展途上の人」! …と言ったら、余計に怒らせた 当り前か…。
 相手のためと云うより、自己防衛的な、禁止用語や言い換えの策を弄するんだったら、もっと基本的な、人に対する思いやりの教育 ・ 啓蒙に力を注ぐべきだとも思うのだが…。

関連記事

この記事と関連する記事

巨人の星 (続)

(3)TB(0)

AFTER「音楽研鑽メモ5/怒涛のジャズ漬け 3場所 4場面

BEFORE「ライブ ・ レポート 52 (表参道編)

COMMENT

  • No.578

    同感です。でも世の中というものは、、、、。


    投稿者:Tです 2008/07/12 (土) 01:31
  • No.579

    昔からの日本語を勝手に差別用語と決め付けている者こそ、差別者です。それにしても、Tですさんお勤めの会社をを除いて、どうしてTV会社はあんな変な日本語を使うのでしょうか?
    例えば、生足とか・・・、素足という立派な言葉があるにもかかわらずです。また、生中継とか、生出演とかおかしいと思いませんか。中継といえば、録画ではなくLiveであるわけですから、わざわざ「生」をつける必要はありません。出演もそうですね。以前。F沢という、アナウンサーが、自分たちのことを日本語警護隊といっていましたが、噴飯物です。

    投稿者:Mr.New orleans 2008/07/12 (土) 11:36 [ 編集 ]
  • No.580

    Tです様:
     世の中の卑猥、いや悲哀と云いましょうか、「奇麗ごとを並べて自分だけ逃げる」 風潮には喝を入れたいですね。

    Mr. New Orleans 様:
     放送、マスコミっちゅうのは、本来、悪しき権力に立ち向かう 「公器」 のはずが、今や (極く一部でしょうが) 特権意識を振りかざし、愚劣な 「好奇」 と中傷に終始する、国会 (滑稽?) 並みになってしまいましたね。 嘆かわしい。
     

    投稿者:Melodious 2008/07/13 (日) 09:13 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top