FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2008 05/30

セッション・レポート 45 (調布編)

 5/28、調布 GINZ のセッションに参加。 前の日から、ソプラノのイメージでオリジナル曲を書いていたのだが、何となく、バリトンで吹いた方が、面白い感じが出そうだなぁ…、と思い、突如方針変更。 店主に電話をして、店のバリトンを借りる算段をする。 ところで、キーは? ソプラノ (B♭管) とバリトン (E♭管) とは、約1オクターブ半違うので、楽に演奏するには、(単に1オクターブ低い音を出すだけでなく) キーも変えた方が良いのだが…、待てよ! 時間も無いし、かえって、少し大変な (=高めの箇所を使う) 方が、よりユーモラスになるのでは…、とも考え、メロディー ・ ラインを点検すると、丁度、スプーン ・ キー (高音域) で、バリトン特有の 「ボケ ・ あえぎ感」 を出せそうなので、そのまま行く。 題名は…、えいっ! 安直に、
  「バリ豚 (トン) 定食」   で決まり!

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト
  (他): 他者選曲のインスト
  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」

1.(自) バリ豚 (トン) 定食  (F) Med. 4 Beat   on Bari. Sax
 オリジナルの持込みは、13曲目。 ブーちゃんたちが、のんびり放し飼いにされているイメージ。 でも、最後には…、食べられてしまう運命?? 曲目紹介で、そのアナウンスをしたら、ホスト ・ ベースのN見君が、本気で 「ああ、カワイソー!」 との反応。 優しい青年ですね。 ボケ味はウマく出てたよう。 構成はシンプルに、AABAの32小節。 強いて言えば、H.ハンコック初期の DRIFTIN' を、おバカ ? っぽくしたような…。 
 
2.(星)  LIKE SOMEONE IN LOVE  (E♭)  Med. 4 Beat 
 Vo.教室で最初に手掛けた曲。 もう、1年近くになるんだなぁ…。 先週のセッションで、教室仲間の Kヨ子 さんが歌ってるのを聴き、また、もう少し深堀りしながら歌いたくなる。 スキャット付き。

3.(伴) FLY ME TO THE MOON (Am)  ボサ
 上記 Kヨ子 さん向け歌伴。 バリトンだと楽器の姿がデカくて驚くと思い、ソプラノで対応。

4.(星)  YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS  (Fm)  Slow 
 レッスンでのポイントに留意しつつ、結構、雰囲気出して歌えたようだ。 手応えあり! 歌唱後、師匠が早速ワンポイント ・ アドバイスをくれる。 3回出てくる、
 …ファ|ソラ♭・シ♭ド・レ♭ド・↑ミ♭レ♭|ド… の、ミ♭が上がりきってない (=もう少し高めに取った方が良い) とのご指摘。 うん、確かに、注意が行ってなかった箇所だ。 感謝!

5. NOW’S THE TIME  (F)  4 beat
  全員参加の締めの曲。 バリトンで、ゴリゴリかます。

関連記事

この記事と関連する記事

セッション・レポート 45 (調布編)

(0)TB(0)

AFTER「ライブ ・ レポート 44 (神戸 ・ 三宮編)

BEFORE「乱入レポート 26 (表参道編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top