FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2017 11/02

良き友 サックス!(17 ニューヨーク時代)

 1987年9月末、ニューヨーク(NY)に赴任。楽器類も全て持って行った。しかし…、 楽器を吹くことは殆ど無かった。仕事が多忙すぎた訳ではない。それまで、日本国内でもジャムセッションに行く習慣が無く、NYでも、そんな発想は出なかったからだ。ああ勿体ない (>_<) 。
 それでも、良い音楽、良いジャズは沢山聴いた。街なかの国連本部近くに住んでおり、ライブハウス等にも至便。ファット・チューズデー、スウィート・ベイジル、ヴィレッジ・ヴァンガードなどに足繫く通う。特に、トミー・フラナガン、マッコイ・タイナー Pf 、アート・ブレーキー、ビリー・ヒギンズ Dr などが好きだった。聴くだけで十分満足していたし、後々の栄養にもなったと思う。ジャズ以外も、クラシック、ミュージカル、バレーなど、音楽がらみの芸術/エンターテインメントは数多く堪能した。
 自分でサックスを吹いたのは、市内で女房が通ってた、ダルクローズ・リトミック・スクールのパーティーで、グラナドスのアンダルーサをソプラノで。それとボストン旅行時に、バイブ奏者・香取良彦君が留学してた、バークリー・ミュージック・スクールのプライベート・セッションでソプラノを。 そのくらいしか思い出せない。
 ニューヨークには良いモノが集まり、刺激的でもあったが、夏は蒸し暑く、冬は半端なく寒く、また第一子が生まれたことで、少しゆったりした郊外に引っ越そうかと思ってたら…、 米国内で、もっと気候の良い所に転勤せよとの社命が下った。行き先は、西海岸、ロス・アンジェルスだった (^^)v 。  (つづく)

・前記事へ ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2393.html

(左端が国連本部ビル)
ニューヨーク3
ニューヨーク4
ニューヨーク2

関連記事

この記事と関連する記事

良き友 サックス!(17 ニューヨーク時代)

(0)TB(0)

AFTER「良き友 サックス!(18 LA時代)

BEFORE「良き友 サックス!(16 社会人に/ハイライト前期)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top