FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2017 10/30

良き友 サックス!(14 武道館でサド&メルと)

 1978.9.25. モンタレー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパンで、サド・ジョーンズ Tp & メル・ルイス Dr との共演が決まった。彼らのオーケストラは来ない。まさに、二人がハイソに加わってくれる格好だ。
 ヤマノの暫く後に、候補曲3曲の譜面が渡された。
 1.US(16 Beat)
 2.ONLY FOR NOW(Slow Ballad)
 3.CHERRY JUICE(Fast 4 Beat)
 この中から好きな2曲を選べとのオーダー。ひと通りトライするも、3.は早々に諦める。速く、細かいフレーズの連続、また奇しくも慶大ライトが先のヤマノで堂々たる演奏をした曲でもあり、それに匹敵する仕上げは今からでは無理と判断。
 消去法で選んだ2曲だが、前日リハーサルで、サドの熱血指導が襲ってきた。1.US で、氏のソロ・スペース用のサックス隊・バッキング譜面を配布、初見対応を求められるも、思うように吹けず、氏の抑揚たっぷりスキャットでのニュアンス解説にも付いていけず、あえ無くバッキングはボツ (^^ゞ 。2.ONLY FOR NOW は、氏のフリューゲルが美しくて…。
 レセプションでは、ソニー・スティット、ディジー・ガレスピーらの巨匠に会えて、それだけでも超ラッキー。
 本番当日、武道館での夢の共演は、瞬く間に過ぎていった。至福の時だった。 (つづく)

・前記事へ ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2389.html

武道館3
↑ 筆者は丁度サドの影に隠れて写っていません。
武道館1
武道館2

関連記事

この記事と関連する記事

良き友 サックス!(14 武道館でサド&メルと)

(0)TB(0)

AFTER「良き友 サックス!(15 ハイソ諸々)

BEFORE「ライブ・レポート 622 (南小岩BIT編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top