FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2017 10/21

良き友 サックス!(5 師匠からの三指令)

 高2で師事した先生が、故・ジョージ高野(高野愛蔵)氏。当時はスタジオ・ミュージシャンで、八代亜紀のライブサポート等も。それ以前はブルーコーツのテナーマンだった。その息子さんはグループサウンズ、カーナビーツの Dr/Vo 故・アイ高野氏。
 月2、3回、土曜日に池上の自宅まで通い、アルトでのノリやフレージング、焼き鳥(塩のタン、ハツ)の美味さを教わった。筆者のビッグバンドへの関心が深まった高2の冬、進路について相談したところ、きっと日頃から考えてくれてたのだろう、即座に三つの勧告があった。

1.プロにはならぬ方がイイ。仕事も減ってきているよ。
2.お前の吹きっぷりにはテナーの方が合うので、テナーに転向せよ。
3.良いビッグバンドの大学に行け。早慶が良かろうが、お前は慶応ボーイの顔ではないのでワセダにしとけ。

 上記勧告に沿い、一年後には「テナー」として早大ハイソの門をくぐったが、そこで待っていたものは…。 (つづく)

・前記事へ ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2378.html

ジョージ高野



関連記事

この記事と関連する記事

良き友 サックス!(5 師匠からの三指令)

(0)TB(0)

AFTER「良き友 サックス!(6 試練は次々に)

BEFORE「良き友 サックス!(4 寅さんに救われる)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top