FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2008 04/06

セッション・レポート 30 (調布編) 

 調布 GINZ のセッションは3/20以来だ (3/20の模様は 「音楽研鑽メモ 3」 に記載)。 今回はソプラノ ・ サックスを持参。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト
  (他): 他者選曲のインスト
  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」

1.(自) GOD BLESS THE CHILD (E♭)  Med. Ballad  on Sop. Sax
  急にやりたくなった曲。 学生時代、AS の T 広 先輩の十八番だった曲。 そのイメージが強く、実はオリジナルのビリー ・ ホリディの歌は、ちゃんと聴いたことが無い。 共演者や参加者も、 「この曲初めて。 でも、イイ曲!」 との声が多く、嬉しい。  あまり、スローにし過ぎぬ方が良いでしょね。
 
2.(星)  YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS (Fm)  Med. Ballad 
  課題曲を歌う。 前回は譜面を見ながら、今回は歌詞のみを見る。 重点課題は、 「ブレス」 と 「フレージング」 の調和。 ガナらず、シボまず、かなり気持ち良く歌えた。  師匠も、Vo.教室仲間も、結構誉めてくれ、大収穫。 参加者の Pf O 西さんのサポートもゴキゲン。

3.(自) AFTER APRIL FOOL (F)  16 Beat   on Sop. Sax
 オリジナル持込みは9曲目。 ヒュージョン系。 一切鍵盤等に触れず、(耳で無く) 「頭」 だけでの 「作り」 にチャレンジ。 まあまあでした。 

4.(他) NOW’S THE TIME  (F) on Sop. Sax & SCAT
 全員参加で締めの曲。

関連記事

この記事と関連する記事

セッション・レポート 30 (調布編) 

(2)TB(0)

AFTER「ライブ・レポート 37 (大崎編)

BEFORE「

COMMENT

  • No.498

    「ヒュージョン系」という表記に思わず反応しての書き込みです。何となくサウンドが伝わってくるような。

    投稿者:John 2008/04/08 (火) 00:48
  • No.499

    >John様:
     気づいたら、スパイロ・ジャイラ(↓)のモーニング・ダンス風でした。ホストGの酒井くんのカッティングがグー! http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=1886

    投稿者:Melodious 2008/04/08 (火) 07:38 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top