FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2016 03/12

停電体験と鉢の木

 たまには真面目なことも書きます。セコイ素人楽士ですが (^^ゞ 、音楽生活を続けるうえで、支えになった体験がライブ中の「停電」でした。
 ライバル(仲良し)校の学園祭で、ビッグ・バンドのジョイント・コンサート。会場となった大教室がライブ演奏中に停電となりました。どこかで消費電力オーバーとなり、復旧までは暫くかかる模様。ベース、エレピ、ギターのアンプは使えず、管楽器・打楽器の生音のみ対応可となりました。
 そんな時、投げ出すことなく両校の皆で知恵を出し合い、日ごろのチョイ・ネタなども採り入れ、電力復旧までの「ツナギ」ステージを実施しました。とりわけ鮮明に覚えてるのは、集団「バグパイプ」パフォーマンス。ソプラノ・サックスとテナー・サックスで旋律を、トロンボーンが「♪ ブー」という通奏低音を、それに太鼓が付いての練り歩き。これを即時采配したのは1級先輩のサックスE塚さん。正直言うと、電力復旧後の演奏のことは記憶にございません(もしかしたら最後まで復旧しなかったのか?)。
 後になって少しずつ考えを整理したのですが、コンサート会場に見えるお客様は「減点法の審査員」でなく、「楽しみ体験の共有(共感)を求める方」が大半だと思うんです。そこで、日常より少しだけでも上質なものを提供(=共有)出来るよう努力する、いわば「もてなしの心」を自らも楽しむことが(減点ならぬ)「音楽の原点」ではないかと…。
 もうチト駄洒落をカマしますと (^^ゞ 、しかし、ここで音楽を「恩額」にしてもイケないわけで、謡曲「鉢木(はちのき)」<下注>の精神が大切でありましょう。
 この気持ち(を身に付けたいとの意志)が無くなった時は、楽器も置く時でもありましょう。

  注:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%A2%E6%9C%A8

関連記事

この記事と関連する記事

停電体験と鉢の木

(0)TB(0)

AFTER「乱入レポート 393 (郡山・アルチスタ96)

BEFORE「乱入レポート 392 (郡山・アルチスタ95)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top