FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2008 02/18

京都の寺とカレー

 冬の京都を、2週連続で、半日ほど散策する機会に恵まれた。 パターンは、何れも、
  1.カレー ・ ランチ 2.冬の特別公開の寺を一箇所だけゆっくり 3.博物館の特別展
 八百八寺の京都で、和食でなくカレー?!  一見ミスマッチのようで、実は、深いところで繋がっている…。  そーです! 「仏教」 は 「インド」 伝来。 カレーを食べて、寺を訪れ、アートに触れれば、心安らか、穏やか、朗らか、ベリベリ ・ ハッピーでござる。

<第一週> カレー:ケララ (市役所近く) 寺:智積院 (ちしゃくいん)  博物館:文化博物館
 「さらり」 としたカレーで美味かった! 智積院は東山七条、三十三間堂の近く。 何と関東の成田山新勝寺、高尾山薬王院、川崎大師平間寺の上に立つ大本山と云うから凄ーい格式だ。 長谷川等伯の障壁画を特別公開。 また 「座観式」 (縁側に座って観賞する設計) の庭園が秀逸! 文化博物館では、川端康成 & 東山魁夷 展をやっており、いたく感動する。

<第二週> カレー:アジャンタ (河原町の南) 寺:東寺 博物館:国立博物館
 「ずしん」 としたカレーで満足した! 東寺は九条大宮、京都駅の南西。 五重塔は、日本一の高さを誇り、その初層内部の特別公開で、○○如来、△△天、等々に圧倒される。 この日は雪もチラつき、しんしんと冷える。 国立博物館では、まいせん、もとい! トンカツではなく、陶磁器のマイセン特別展を観る。 インド料理のタンドリー ・ チキン、マイセン陶磁器とも、 「窯で焼く」 との繋がりにも気づき、更 (皿) に感動した!

関連記事

この記事と関連する記事

京都の寺とカレー

(4)TB(0)

AFTER「セッション・レポート 28 (調布編)

BEFORE「乱入レポ-ト 18 (西宮北口編)

COMMENT

  • No.445

    仏教→インド→カレー・・・なるほど
    マイセン→まい泉→カレー・・・なるほどっ

    ひとりで京都、うらやましい
    東山魁夷展、去年福岡でも見たけど、もっとたくさんの作品を見たいです

    投稿者:s35 2008/02/19 (火) 00:11 [ 編集 ]
  • No.446

    >s35様:
     智積院と文化博ではひとりだったのですが、残念(?)なことに、あとはワイフが珍しくも一緒 v-11。 カレーのケララでは、女性ピアニカ奏者も加えた3人でした…これは本当に良かったー v-10

    投稿者:Melodious 2008/02/19 (火) 00:19 [ 編集 ]
  • No.447

    ご無沙汰しております。
    東寺まで来られてたんですね。我が家はその目と鼻の先にありまして、うちのマンションはきっと視界に入っていたはずです。
    ニアミスしてるかもしれませんね。

    冬の京都は身体の芯から冷えるので、さぞ寒かったでしょう。
    風邪ひかんようにしてくださいね。ってもう遅いですね。

    投稿者:ドラッパー 2008/02/19 (火) 00:39
  • No.450

    >ドラッパー様:
     寒かったけど、カレーのパワーで乗り切りました。やっぱ暑いとき、寒いときはカレーが良い。東寺は凄い規模ですね。文化財も素晴らしい。また智積院では小生を目撃したそうで? 悪いこと(してないけど)出来ませんね (笑)

    投稿者:Melodious 2008/02/20 (水) 07:26 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top