FC2ブログ
 

セッション・レポート 26 (調布編)

セッション・レポート 26 (調布編)

 調布GINZのジャム・セッション (2/6) に参加。 雪も散らついており、ソプラノ持参。 自分のスケジュールが合わずに中2回空いてしまった。 今日のホスト・リーダーは、前回参加時と同じく I 川君 (pf) の番だ。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト
  (他): 他者選曲のインスト
  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」

1.(自) テンダリー  (E♭)  Med. 4 Beat  on Soprano Sax (SS)
 急で、曲が決められず逡巡。 「青い本」 を借りて、エイヤ! で開いた箇所が、テンダリー。 セッションなので、回しやすい Med. 4 Beat を指定。 ワン ・ ホーン。
 (えっ? こんな、曲の決め方じゃぁ、フんだりー、ケったりー、テンダリー??)

2.(自)  (仮題) 「ひかり387号」  (Gm)  Bossa Nova   on SS
 ワン ・ ホーンで。 7曲目のオリジナルもん持込。 A(16) A’(16) B(8) の40小節。
B(8) はオマケと云うか、ツナギのような感覚。 マイナー (短調) の 「ぼやき」 ボサを意図するも、狙い ・ ツッコミ ・ 主張がイマイチ明確でなく、印象薄。 修作として仮題で終わりそう。 残念、こう云うこともあるさ! 仮題に奇数の列車番号 (下り列車) をつけるとモウヒトツ…、というのはジンクスかな?

3.(星)  YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS (Fm)  Med. Ballad 
 難曲に再挑戦! 意識して 「モタリ」 フェークを試みるも、録音で聴くと平々凡々。 気負いのノド押しと音程ブレが目立つ。 師匠は、「声質が合い、イイ雰囲気は出ている。 ラストのカデンツァ (裏声叫び?) の前に、『ささやき調』 を挟んで少し落ち着かせたら…」 との助言。
ナ ・ ル ・ ホ ・ ド!

4.(自) YOU GO TO MY HEAD  (E♭)  Med. Latin/4 Beat  on SS
 大好きな曲を、セッション仲間のpf Oさんと演りたくてリクエスト。 アルトも加わりと2管で。 OさんはMed. Latin/4 Beat を推奨。 ソプラノだし、それもイイなと思ってトライ。 ウン、確かに…。 テナーなら断然バラードだけどね。 しかし、これ、難曲だ。

5.(他)  茶色の小瓶  (C)  Med. Swing  on SS
 参加自由の締め曲。 楽しい!

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索