FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2014 12/20

個人メドレー再考

 サックス4種:ソプラノ、アルト、テナー、バリトンのプレイ・運用に関し、5年ぶりに再考してみた (^^♪ 。
 (5年前の考察 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-491.html
 4種の吹き分けを、自分としては楽しんでいる (^◇^) 。 さて、今思うことは、うち、どの楽器が、納得行く状況で、この先長く続けられるかということ。 
 ・ソプラノ:息の量は要らないが、筋力が衰えてアンブシェア・コントロールが甘くなると、チト辛いかなな? まあ、その時はカーブドにしてみる手もあるかも
 ・アルト:体力バランス的には一番無理のない楽器で、長くイケそうだが、息のスピード感をどうすんべ?
 ・テナー:これ、身体ごと共鳴させないとイイ音しないんだよね。自分のメイン楽器だけに、ある意味一番キツイかも?
 ・バリトン:重たくて大変だけど、小生のはショート・ベルなので、かなり楽。バリって、パーカッシブな中低音ニーズと、メロディックな中高音マーケットがあるけど、後者に特化するも佳しか?
 こんな風に迷いながらも、4種いずれも続けて行くのでしょうね (^^ゞ 。

 ところで…、

 Image091.jpg


 次なる目標は、多重録音による 「ひとりカルテット」 かな? 選曲 (一部作曲) やアレンジもセルフで。 3年毎ぐらいに作り続けられたら最高だな。
 さて、クイズ! 上記のカルテット構想は、いつも? それとも たまに? 思ってるのでしょうか?

 答 : カルテット 云うからには、始終そう(四重奏)思ってんでしょう (^^ゞ 。 チャンチャン ♪

関連記事

この記事と関連する記事

個人メドレー再考

(0)TB(0)

AFTER「セッション・レポート 432 (朝潮橋編)

BEFORE「ライブ・レポート 541 (神戸・三宮編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top