FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 12/31

絶対音感に翳りが

 絶対音感に翳りが出てきた。 特別な訓練もせず、何となく身についていた武器であったが、この感覚が、老眼の進展 (笑) と並行するがごとく、衰えつつある。
 とは云うものの、さほど困りもせず、音楽への想いは愈々つのるばかりなり。

 先ず、絶対音感とは、便利な武器ではあるが、音楽性・藝術性には直接関係ない。 確かにスクランブル乱入時には楽だ。 特に歌伴。 キーも訊かず、譜面も見ずに、スっと入っていけるので、歌伴のタブーである 「音さぐり」 からは解放される。 例えれば、深い森の中に投げ出されても、「方位磁石」 は持ってるぞ! …って感じ。 でも、磁石があるからって、民家の方向が分かるわけじゃーなく、イかしたフレーズが出てくるわけでも無い! 強いて言えば、ライン (進行) から外れそうな時に戻り易い (外れる怖さがないので多少の冒険が可能) ということぐらい…。
 衰えは、経年性のものであろう。 それは仕方がない。 反面、移動ド的な考えも少し出来るようになってきたし、音 (使い) に優しさが加わった気もする。 また、さりげなく絶対音を確認する良い方法も見つけた!  「ピアノの鍵盤を覗く ? …」 、 いえいえ、それでは、 「さりげあり」 ます。

 ⇒ ベースの指板を見るのです! そうすれば、音が分かる。 ベーシストとコミュニケーションを取るそぶりで、左の指がどこを押さえているかを見る。 これで安心! エレキベースよりもウッドベースの方が視認性良し! (笑)

 はいっ! ベーシストの○○さん! △△さん! この頃あなたの方を良く観るのは、上記事情によるものだったんですよー! 良い年を清々しく迎えたいので、正直にコクった次第。

関連記事

この記事と関連する記事

絶対音感に翳りが

(2)TB(0)

AFTER「箱根駅伝

BEFORE「ライブ・レポート 32 (調布編)

COMMENT

  • No.398

    明けましておめでとうございます。

    絶対音感を持っている人の感想って、初めて
    伺いました。正直な告白になんかカンドー
    です。加齢とともに、ますます華麗に楽器も
    歌も腕をあげておられますね♪。さすがです。

    今年もよろしくお願いいたします。

    投稿者:マル母 2008/01/01 (火) 11:13
  • No.399

    マル母様:
     演奏とは、武器の性能をデモるものではなく、幸せな心への強い語りかけ、と思うようになりました。 お客様、共演者…、その空間をシェアする方々がにっこりするような、少なくとも寂しい思いをしないような、そんな音楽を目指します。 本年もよろしくどうぞ!

    投稿者:Melodious 2008/01/02 (水) 11:18 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top