FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 12/30

映画館を観る 13

 庶民の味方 「三軒茶屋中央」 に、 またも観たかった2本が掛かり、行く。 プラネット・ハウス in グラインドハウス http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id328315/ と デス・プルーフ in グラインドハウス http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id328314/
 これらを観るには、シネコンよりも、「名画座」 がピンとくるぞ!

 「グラインドハウス」とは、「低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上映する映画館…」 とのこと。 モダンな装備で、椅子がふかふかでは感じが出ない。 そこへいくと、三茶中央は、グー! (但し建物・設備は古いが、掃除は行き届いているし、係員もジェントルで心和む)
 本来は、二人の監督の競作による1本の作品だが、日本ではこれを2つにバラしての興行。 よって、2本連続で、それも 「プラネット…」、「デス…」の順に観るのが 「正しい!」 方法。 (注:1本の 「米国版」 を上映しているところも数か所あるが、1800円均一、下手するとそれ以上の特別料金を取るところもあり、趣旨に反する!)
 映像には、わざと 「キズ」 や 「雨フリ」 を入れ、雰囲気を出している。 ともに R-15 指定。 15歳に達していても、中3は不可。 こっそり中3を連れて行こうかとも思ったが、ヤメといて良かった。 特に、「プラネット…」 には凄惨なシーン(血しぶきドバー等)が多く、成人でも要注意。 「デス…」は、まあ、可愛いレベルの下ネタかな。 特別な感動を期待するのは筋違い。 所謂 「おバカ映画」 ですからね。

関連記事

この記事と関連する記事

映画館を観る 13

(0)TB(0)

AFTER「ライブ・レポート 32 (調布編)

BEFORE「ライブ・レポート 31 (調布編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top