FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 12/08

セッション・レポート 21 (調布編)

 調布GINZのジャム・セッションに参加 (12/5) 。 今回はテナーとフルートを持参。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト
  (他): 他者選曲のインスト
  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」

1.(自)  (仮題) 「TOO HARD TO SAY (そいつぁー言えねー)」  (Gm)  8 beat Rock  
        on テナー・サックス
 ワン ・ ホーンで。 許しを得て、1曲目は作曲モン。 A A' B A'' 形式、 32小節の素直な構成。 臭めの 「サニー」 風。 ホストさん曰く、「シンプルな構成が嬉しく、自分もノリノリで、つい2コーラスもソロを取ってしまった。 シンプルな中で、明確な主張と 『歌』 のあるテーマが活きる。」 …と。 商売柄とは云え、ホメ上手なことよ (笑)。  ありがとう!
 
2.(星)  FOR SENTIMENTAL REASONS  (F)  Med. Ballad 
 ナット ・ キング ・ コール目指し (笑)、特訓中の曲。 あまりスローにせず、 ♪デューワー と云う感じで、バウンス気味に。 まだ、出来はあまり良くないが、改善点としては、喉や肩にさほど力が入らず、すぅーっと歌えたこと。 その方が音程も安定する。 とりあれず、 「垢」 を落としてから味付けしようかな。 

3.(他)  スペイン   (Bm)  on フルート
 全員参加の締め曲。 踊り付き。 キーはテナーよりフルートに有利なのだが…。 高い E と F# の音程が辛い。

関連記事

この記事と関連する記事

セッション・レポート 21 (調布編)

(0)TB(0)

AFTER「ライブ・レポート 27 (西宮編)

BEFORE「食品ホールセール・ストア

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top