FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 12/03

映画館 を 観る 12

 「映画館を観る」 初回に書いた 「三軒茶屋中央」 に、 観たかった2本が同時に掛かる。 ここは 「2本立て」 興行の、いわゆる 「名画座」 。 作品は 「ボルベール 帰郷」 http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325137/ と 「輝ける女たち」 http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id327046/ 。 1300円で観たい2本とはお得! 当然ながら4時間超の籠城になるので、目玉焼きトースト・サンドを作って持っていく。

 ともに、徹底した 「女性讃歌」 。 働き者で、賢く、逞しい女性を描いた作品は好きだ。 実際、女性はそう云う人がイイ。 反対に、男は、少々怠け者で、浅はかで、ひ弱な方が良いかも (筆者もそのようにありたい… と思うクチで… ?)。
 主演は、「ボルベール 帰郷」 がペネロペ・クルス、「輝ける女たち」 がカトリーヌ・ドヌーブとエマニュエル・ベアールという豪華版。 ドヌーブは、まあ置いといて (注:年齢云々で無く、エラの張った岡田茉莉子タイプの顔が苦手なもんで…、だから八千草薫さんは大好きです) ペネロペ・クルス、エマニュエル・ベアールは大のお気に入り! 前者のキリっとした感じ、後者のぼわーっとした妖艶さがイイ。 劇中では2人とも歌をうたっている。 ペネロペはフラメンコ調、エマニュエルは、何とジャズ・スタンダードの IT HAD TO BE、 I’LL CLOSE MY 
EYES など。 エマニュエルのは、間違えなく本人の歌であることをエンドロールで確認。 甘ったるーい声で、あまり上手いとは思わんが、音程はとても良い。
 ストーリーは…、 まあ、エエがな! ベッピンはんが出とるんやし…。

関連記事

この記事と関連する記事

映画館 を 観る 12

(3)TB(0)

AFTER「食品ホールセール・ストア

BEFORE「ライブ・レポート 26 (大森編)

COMMENT

  • No.362

    エマニュエル・ベアールの大長編「美しき諍女」は、ご覧になりました?

    投稿者:miss+New+Orleans 2007/12/03 (月) 00:37 [ 編集 ]
  • No.363

    >miss+New+Orleans様:
    「美しき諍い女(いさかいめ)」まだなんっす! なかなか映画館に掛からず…、掛かったら、速攻でイキます。 小生がエマニュエル・ベアールに見惚れたのは、「8人の女たち」という作品です。http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tydt/id239807/ ドヌーブはそれにも出てます。

    投稿者:Melodious 2007/12/03 (月) 22:14 [ 編集 ]
  • No.365

    映画は、ぼかしが入るでしょうから、DVDでご覧になるのも、良いですよ。

    投稿者:miss+New+Orleans 2007/12/03 (月) 23:18 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top