FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2013 09/07

青春ウン18きっぷ

 「青春18きっぷ」 は、かなり広く知られている。 JRの普通列車 (含む快速・新快速等) 1日乗り放題×5回分で11,500円。 1日あたり2,300円。 春・夏・冬休みシーズン限定発売で、期間内の好きな日 (非連続も可) に、一人でも、複数人同時でも使用出来る。 但し5回分の切符が1枚になっており、複数人の場合、乗車・下車とも同一行程の要。 また特急は原則使用が出来ず、もし特急に乗った時は、特急券はもちろん、同区間の乗車券も別に購入を求められる。 使用者の年齢制限は無く、学生さん、鉄ちゃん、ウン18歳の中高年にも愛用者は多い。 
 (詳細はこちら ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%98%A518%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B7
 ともあれ、使い方によっては大変お得 (^◇^) 。 今回、相方より、 「手持ちの残りが、使用期限の 9/10 までに使い切れないので、どこか一緒に行こうよ。 途中、温泉にでも立寄って … 」 との、ありがた~い (^^ゞ オファーがあり、公休日の 9/6 (金) 決行となる。
 さて、どこに行くべ? 当然ながら、往復のJR運賃が 2,300円を上回りたい (^^ゞ 。 関西では 「新快速」 の活用が短時間で距離を稼げて有利だ。 西の姫路・赤穂方面か? それとも東に ? … 目的地は 新快速の東の終点 「敦賀」 とした。 温泉は? 琵琶湖のビューを楽しめる 「湖西線」 に乗りたかったので、 「昼食+温泉立寄り」 の手ごろなセットを探すと、沿線の雄琴にあった。
 当日は晴天。 先ずは京都へ。 JRの奈良線で、JR奈良 → 京都 がベストだが、近鉄沿線からJR奈良へは、新大宮または近鉄奈良から15分位は歩き、かったるい。 これを回避するため、大和西大寺から近鉄京都線で 「大久保」 (急行停車) 下車、徒歩5分の JR 「新田」 (しんでん) 駅でJR奈良線を捉える。 京都からは、湖西線の堅田 (かたた) 駅に出て、路線バスで雄琴温泉へ。 最寄りの おごと温泉駅からはバスが無く、タクシー又は徒歩20分なので回避 (^^ゞ 。
 「昼食 (そば御膳) + 温泉 = 2,500円」 はリーズナブル (^-^) 。 高層の露天風呂からは、琵琶湖のビューもバッチリ! 利用可能な 11:00~14:30 ほぼフル滞在。
 入浴後は、堅田から 「新快速」 で、琵琶湖を眺望しつつ、一気に敦賀へ。
 20130906BWK.jpg

 まだ4時台だが、下調べしていた、駅近くの地魚食堂に直行。 刺身御膳、鯖の塩焼き、厚揚げ焼き、干物の三点盛り (カマス、ぐじ、ツバス) などを堪能。 デザートの自家製 梅シャーベットも秀逸。 
 20130906TRG.jpg
 20130906TRG2.jpg
 20130906TRG3.jpg
 (ぐじ は関東ではアマダイ、ツバスは同じくイナダと言いますね)

 もひとつ、驚いたことに、何と、敦賀市は … 、

 福井県でした。 筆者は、ずっと京都府かと思っておりました。 頭の中で、舞鶴と敦賀がゴッチャになってたようで、失礼しました (^^ゞ 。
 帰途は、18:49 敦賀始発の新快速で京都へ。 こちらは、米原経由だったので、琵琶湖の東側を通り、1日での琵琶湖周遊も達成。 夜間で、ビューは殆ど無かったけれど、途中、彦根駅からは、遠目に彦根城のライトアップ姿が見えました。

 ところで、この写真 ↓ の上半分は、某温泉ホテルでのコーヒー割引券ですが、
 20130906OGTR.jpg
 「食後のアフターコーヒー … 」 という文言は、馬から落ちて落馬して… みたいですね (^^ゞ 。 「食後の」 か 「アフター」 、片方で良いですね。

<JR運賃検証>
 ① 新田 → 堅田  740円
 ② 堅田 → 敦賀 1,280円
 ③ 敦賀 → 京都 1,620円
--------------
        計   3,640円 > 2,300円 … 青春18きっぷ1日分 (^-^)

関連記事

この記事と関連する記事

青春ウン18きっぷ

(0)TB(0)

AFTER「セッション・レポート 361 (関目編)

BEFORE「セッション・レポート 360 (関目編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top