FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2013 02/21

コルクグリス考 <雑文>

 単なる、私的 「セコ・ワザ」 (^^ゞ の紹介なので、軽~く読み流して下さいね。
 サックスを吹いていると、 「コルクグリス」 ちゅう品物が必要になります。楽器のネック部にはコルクが巻いてあり、ココにマウスピースを差し込みますが、チューニング機能も兼ねており(=深く差して管長を短くすればピッチが上がり、浅く差せば管長が伸びてピッチが下がる)、気密性、保湿性、耐水性、適度な滑り(固定)具合などが求められます。
 この頃の製品は、いわゆる 「リップ・スティック」 型が多く、サイズも同じ。キャップを外し、捻って中身を少し露出させ、塗って… となりますが、製品は、1本 500~600円と、結構高いんです。おまけに、うす暗がりだと、間違って唇に塗って、オエッ! てこともあるのです (サックス吹きは、リードを当てる下唇が特に荒れるので、リップ・スティック等も必携品につき紛らわしい (^^ゞ ) 。
 そこで、安価・安全な代用品はないものか? と、色々試した経過 (結果) をレポートいたします。

<その1> リップスティック 5g
 ドラック・ストアで、1本 100円程度で売られている、あの深緑色のヤツそのものを、楽器にも兼用してみました (^^ゞ 。 安いし、機能上も特に問題ありません。 ただ、塗る時にスティック本体をそのままコルクに当てがうので、それを唇に持ってきて塗ると、少々金属臭い (ネックは真鍮製) ような…。

<その2> メン××ータム 小缶 12g
 昔ながらのジェル状のヤツを、コルクにも、唇にも使ってみました。 先に唇に塗り、指に残った分を拭いついでにコルクにすりつける。 簡単、ムダ無く、金属臭のフラッシュバックも解決 (^-^) 。

<その3/現在> 白色ワセリン プラ容器 50g
 実は、香料もハッカ分も不要なことに気づき、メ××ムの骨材たるワセリン、それも精製度の高い、白色ワセリンに変えてみました。 200円台で買え、安い! 使って見て気づいたのですが、唇にハッカ分を塗りすぎると、やや感覚がマヒして、微妙なリップ・コントロールがしづらいような… (その1・その2ではソコも問題) 。 現状、満足度大ですね (^◇^) 。

 
関連記事

この記事と関連する記事

コルクグリス考 <雑文>

(0)TB(0)

AFTER「ライブ ・ レポート 424 (奈良・五位堂編)

BEFORE「セッション・レポート 322 (関目編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top