FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2013 02/17

工場の月 <雑文>

|ミミラシ|ドシラー|ファファミレ|ミーー・|
 上記は、言わずと知れた 「荒城の月」 の出だし4小節の階名です。 小・中学校では確か、こう教わりましたよねぇ。 でも、どこか#か♭が抜けてませんか? 最近まで知らなかったのですが (^^ゞ 、正調では、レに#が付くとのこと。
|ミミラシ|ドシラー|ファファミレ#|ミーー・|
 なるほど、この方が 「花の宴」 の 「宴」 に、亡きカゲや情念みたいなものが、より動的に、強く感じられるようです。 レ・ナチュラルだと、やや整然と、 「工場」 の煙突越しに月が見えるような… (^^ゞ 。 「荒城」 という一種ドロドロ感を出すには、やはりレ#でしょうね。

 もう1曲:
|ドーラド|ミーミー|ドーーー|・・・・|
 こちらは 「ALL OF ME」 のラスト4小節ですが、やはり、どこか#か♭が抜けてませんか? こちらも、1~2年前まで知らなかったのですが、正調では、ラに♭が付く由 (いわゆる 「黒本」 ではそうなってますね (^^ゞ ) 。
|ドーラ♭ド|ミーミー|ドーーー|・・・・|
 確かに、この方が、大胆な発言の中にも、躊躇・逡巡・内心ヒヤヒヤの乙女ゴコロが良く表現出来るように思えます。

 言葉には、①簡略化 や ②ヒックリ返り が起き、それが世の常なのでしょう。 例 : ① 着られる→着れる、食べられる→食べれる  ② 新た(あらた)/新たし(あらたし)→新し(あたらし)/新しい(あたらしい) 等。 また、伝承される メロディー も同様でしょうし、これを闇雲に否定するつもりはありませんが、オオモトとなる心情を温 (たず) ねながら、演奏・表現・発言等して行きたいなぁ… と思うところでもあります (^-^) 。

関連記事

この記事と関連する記事

工場の月 <雑文>

(0)TB(0)

AFTER「ライブ ・ レポート 423 (神戸・三宮編)

BEFORE「乱入レポート 283 (大和西大寺編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top