FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 04/23

音楽エッセー <か>

<か>れんな歌声よ永遠に
<第6日>「カーペンターズの部」

◎ 金:We've Only Just Begun(愛のプレリュード)
○ 銀:Superstar
● 銅:Hurting Each Other

 We've Only Just Begunは、転調もあり、盛りだくさん。ハラハラ・ドキドキ、これ一曲で満足可能。
 Superstarの途中(歌の9小節目)、“Your guitar”が、「夜汽車」と聞こえ、哀愁が一段と深まった。
 Hurting each otherは、歌詞がわからなくても、切なさがひしひしと伝わって来る。
 
 ― Yesterday Once More、Top Of The World は、「湿っぽさ」や「陰り」がやや不足し、惜しくもメダルを逃した。

関連記事

この記事と関連する記事

音楽エッセー <か>

(2)TB(-)

AFTER「音楽エッセー <よ>

BEFORE「音楽エッセー <わ>

COMMENT

  • No.22

    なるほど~。私はやっぱし歌詞重視ですね。
    雨の日と月曜の朝はやる気ないっす、はい

    投稿者:s35 2007/04/25 (水) 01:26
  • No.24

     これ名曲です。No.1に推す向きも多いと思う。ただ、個人的には「エンディング」のイメージが思い出せなくて、外した。
     前奏、間奏とともに、エンディングは重要なので印象に残って欲しい。フェード・アウトでも良い。それがフェード・アウトであったことが即座に思い出せるならば。

    投稿者:Melodious 2007/04/25 (水) 22:28 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top