Article

        

ライブ・レポート 19 (都の西北編)

2007/ 10/ 23
                 
 10月20日(土)~21日(日)は、「稲門祭」 という 「学友」 (OB) 運営のお祭りがあり、 「学友コンサート」 と銘打った各音楽サークルOBの出演による合同演奏会が土曜の午後、 「大隈講堂」 にて開催された。 
http://www.waseda.jp/alumni/tomonsai/ongakua.htm


            

 本来ならハイソサエティー・オーケストラOBバンドで出るところだろうが、先輩諸氏により、とっくにポジションは占められ、お呼びじゃあ無い (笑)。 しかしながら、拾う神 (?) ありで、先の都市対抗野球 http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-115.html の縁で、早大応援部吹奏楽団OBバンドのバリトン・サックスの 「トラ」 (ピンチヒッター) として迎えて頂く。
 面白いもので、出演順がハイソOBバンドの直後であり、楽屋でハイソの先輩方にも会えた。
 さて、当吹奏楽団のリハに参加させて頂いた際、最初は吹きっぷりが 「浮いて」 おり、レガートやマルカートの補正に少々戸惑った。 けれど、本番の時には何とか一員と化すことが出来たようだ。 (全体の) 演奏も、特に本番が最高の出来であり、評判も上々であった。 そして打上げの酒席でも旧知のように受入れて下さり、とても嬉しかった。 曲目は以下:

 1. 東京オリンピック ファンファーレ & オリンピック・マーチ
 2. ロンサムロード
 3. エストレリータ
 4. 帰れソレントへ
 5. 紺碧の空
 6. 校歌 (都の西北)

関連記事

            
                                  

コメント

土曜日、風の便り(k島さん)に聞きました。名門バンドはたいへんですよね。

大兄のF年リサイタル音源を過日入手し昨日拝聴。
やっぱり凄かった。約30年経過してなお。脱帽。

>John様:
 ハイソOBは年代別に、何軍もある状況です。 ううっ、1980年3月のあれですか。 僕は平気だったけど、印度遠征帰りで腹を壊していたもの数名。 懐かし、恥ずかし…。