FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2012 10/07

ライブ ・ レポート 398 (堺市編)

 葬儀での演奏模様をレポートするのは、あまり一般的では無いかも知れませんが、故人のことを、より多くの方に知って頂きたく、また音楽のもたらす 「力」 (チカラ) や 「絆」 (きずな) の部分にも言及すべく、ここに謹んで記載いたします。
 故人の名は、岩本 一郎 氏。 医師であり、トロンボーン吹き。 享年 (満で) 50歳。 憎き病魔は、容赦が無かった。 本日 (10/7) 氏の葬儀が堺市の斎場で営まれ、氏の所属する BLUESIN’ JAZZ ORCHESTRA ⇒ http://bjo-jazz.com/ が、お別れ・出棺時の Jazz 演奏を実施。 筆者もその一員として参列・出演する。
 焼香時の BGM には氏の CD が流れ、弔辞に代え、コンボ仲間らによる演奏ありと、まさに 「音楽葬」 と呼ぶべき様相を呈す。
 氏の BLUESIN’ JAZZ ORCHESTRA での最後の演奏は、7月の 茨木ビッグバンド JAZZ フェスタ。 酸素吸入器を携えての熱演であった。
 (その模様 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-1410.html

 遺影は、氏がトロンボーンを持ち、微笑むものであった。 弔辞に代わる演奏曲は、各々1コーラス。 言葉以上に、参列者一同の気持ちを表し、哀しき中にも、深い共感を誘う。 
 ・ MISTY    ご友人 Nk村 氏 (TS)  … e-Pf 伴奏 O石氏 (3曲とも)
 ・ ひまわり   先輩医師 T島 氏 (Tp)
 ・ 星に願いを  歌手 Fj野 氏 (Vo)

 お別れ・出棺時の BLUESIN’ JAZZ ORCHESTRA 演奏曲目は:
 1. WHEN YOU’RE SMILING
 2. LI’L DARLIN’
 3. TAKE THE “A” TRAIN
 4. (再演) WHEN YOU’RE SMILING
 WHEN YOU’RE SMILING は、故人の十八番ナンバー。 7月の茨木 (上掲) でも、流麗な Tb ソロを聴かせてくれたが、今回、4.(再演) で出棺となった際、丁度 Tb ソロのスペースを迎え、度々サポートをお願いしている Yn阪 氏 (Tb) の優しい音が会場を包むと、「遺影」 の岩本氏が一段と微笑み、その Tb 或いは天からも、温かい音色が発せられているように思えたのは、筆者に限ったことでは無かった。

(改めて、故 岩本一郎氏のご冥福をお祈りいたします)

関連記事

この記事と関連する記事

ライブ ・ レポート 398 (堺市編)

(0)TB(0)

AFTER「ライブ ・ レポート 399 (神戸・三宮編)

BEFORE「ライブ ・ レポート 397 (高槻編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top