FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2012 09/04

コンポーザー・オリンピック4 (短期連載)

 コンポーザー・オリンピック (メダリスト作品の部) の完結編です。
 (前稿 <銀> ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-1434.html
 今回は、金メダリスト、Jimmy Van Heusen 作品群からの選定です。 銅には、同着で2作品が入りました。

● 金メダル : Like Someone In Love  1944年 
 銀メダル : Polka Dots And Moonbeams  1940年
● 銅メダル : But Beautiful  1947年

● 銅メダル : Here's That Rainy Day  1953年

 金は、個性的かつ均整のとれた、理想のメロディー/サウンドと確信します。 銀は、情景が目に浮かび、純真な優しさがイイですね。 銅は、最も Van Heusen 「らしさ」 が現れているとの観点から。

 入賞曲は次のとおりです。
  ・I Thought About You  1939年
  ・Nancy  1944年
  ・It Could Happen To You  1944年 
  ・All The Way  1957年 
 
 ここで、 It Could Happen To You がメダルを逃したのを、不思議に感じる方も多いでしょう。 曲としては完璧に近く、さんざんお世話にもなっているのですが (^^ゞ 、Van Heusen らしさ が、さほど強く出て来ないようにも思えたからです。

関連記事

この記事と関連する記事

コンポーザー・オリンピック4 (短期連載)

(0)TB(0)

AFTER「セッション・レポート 293 (関目編)

BEFORE「乱入レポート 273 (朝潮橋編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top