FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2012 02/17

歌伴とラーメン

 Vo の方から、オブリ (伴奏) に Sax で加わってほしいとのリクエストが増えてきました。 嬉しいことです (^◇^) 。 異なる Key 、歌い手の持つ個性に 「特注」 対応するところの ≪歌伴≫ は、ある面、自己のインスト演奏以上に、ヤリ甲斐ある (^^ゞ WORK でございます。
 管楽器での歌伴は、ホンマ、難しいです (@_@;) 。 Vo を引き立てることが目的でありますので、必然的に制約も多々発生いたします。
 
  * 関連記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-54.html
         ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-81.html

 管は、あくまで 「チョイ足し」 効果であり、メインのバランスを崩すような行為はNGです。 Vo および リズム・セクション (ピアノ・トリオ等) を ラーメン に例えるならば、管は チャーシュー を狙ってはダメ! それでは Too Much ! 重すぎます。
 歌伴の時は、① 海苔、② ネギ、③ メンマ に成り切りましょう。 これらを、オブリにおける 「三種の仁義」 と考えます。 「神器」 ではなく 「仁義」 ですぞい。

 そのココロは …

  ① スープを程良く吸って、決して崩れず、濁さず、サウンドの ノリ を増長する
  ② デリケートな歌手の メンタル (麺足る) を、細やかに ネギ らう
  ③ 譜 面 (メン) の間 () を活かす恰好で、合いの手を入れて行く

 これにより、一段と風味がアップするかと思います。 さらに、もう一品入れるならば、ナルト に なると 存じますが (^^ゞ 。

関連記事

この記事と関連する記事

歌伴とラーメン

(0)TB(0)

AFTER「セッション・レポート 259 (摂津編)

BEFORE「セッション・レポート 258 (甲子園口編)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top