FC2ブログ

味裕軸差論 (Music Salon) (^^ゞ

JAZZを中心とした音楽全般、料理・紀行・言葉などにつき、程良く自由に伝えたい。

2007 09/20

セッション ・ レポート 14 (調布編)

今日も VOCAL 主体で! との目論見で、調布GINZへ(9/19)。 それなりに、歌の新ネタも仕込み、身軽なソプラノをぶらさげ出かけたが…、甘かったぁー。 明らかな準備不足を露呈。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト
  (他): 他者選曲のインスト
  (伴): 歌伴
  (星): Vocal…その心は「伴」に向かって投げるのが「星」

1.(星)  WHEN I FALL IN LOVE  (G)
 更にキーを F⇒G に上げる。 この方が声が籠らぬとの師匠見立てによる。 サイズも先週と同じ長さで、間奏の順番のみ入替え、 ピアノ先発で8小節 + ソプラノ・サックス8小節としてサビに。 コードの間違いも訂正。 確かに、このキーだとクッキリするが、上は F# および G で2拍ずつ伸ばしがあり、ウォーミング ・ アップ必須。 今回ピッチが上がり切らず、反省。 でもイキ方は分かってきたぞー。

2.(他) IT COULD HAPPEN TO YOU  (E♭)
 (自) でもヤる曲が、 (他) で指定されてラッキー。 ソプラノらしい、かろやかさを心掛ける。

3.(星)  THE NEARNESS OF YOU  (G)
 歌伴での定番を、大胆不敵に (笑) 自分でも歌いたくなり、かと云ってスローじゃ間 (ま) 持ちせず無理との判断、ちょっとヒネって 「ボサ」 仕立てで歌うも、むむぅー、企画倒れ & 準備不足。 歌詞の覚えが不十分で、言葉の納まりも悪く、口元はモゴモゴで、沈没し、猛省。 巻き直しを図る。

4.(他)WATER MELLON MAN  (B♭)  on バリトン ・ サックス
 ここから、バリトン ・ サックス (店の備品) に持ち換える。 ロック ・ ファンク系の曲には、結構バリトンが合う。 息の入れ方とスピードが肝心。 パーカッシブなオカズ入れも面白い。

5.(自) GREATER LOVE  (B♭) on バリトン ・ サックス
 ワン ・ ホーンで、易し目の曲をやってくれとのホスト指示あり。 インストでは久々にこの曲を吹く。 バリトンを吹きまくると爽快感あり。 演奏には体力が要るけど。 バリトンも欲しくなっちゃった。 それも、LOW-A キーの無いタイプを。 LOW-A あると 息が 「漏洩」 ? するのか、音が籠り易いような…。 

6.(他) SONNY MOON FOR TWO  (B♭) on バリトン ・ サックス
 全員登壇! での締めの曲。 バリで 「ゴリゴリ」 吹く。

関連記事

この記事と関連する記事

セッション ・ レポート 14 (調布編)

(2)TB(-)

AFTER「ライブ告知 9月分

BEFORE「乱入レポート 9 (調布編)

COMMENT

  • No.295 キー高め!

    歌、私よりキーが一音ずつ高いのですね。
    音域広いんや!
    羨ましー。

    投稿者:sweetie 2007/09/21 (金) 07:01
  • No.296

    >sweetie様:
     低音域の声と言葉が籠りがちなので、(やはりB型・オプティミストの) 師匠の勧めで、まさに全音上げた譜面を用意してます。 高い方は割りと出るのですが、まだノドに力が入りがちで…。 ボイトレの時はスムーズに出るんですがね。 歌は急にうまくはならないけど、そこが面白い。 音楽でこんなに苦心するのは初めてかも知れない。 副産物 (笑) として、歌伴 (オブリ) は確実に佳くなったので、またご相伴させてください。
     今夜は、T中のG巣灯を襲撃 (?) の予定です。 それでは、明日!

    投稿者:Melodious 2007/09/21 (金) 07:43 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top