FC2ブログ
 

ライブ・レポート 289 (博多・赤坂編)

ライブ・レポート 289 (博多・赤坂編)

 2/14 (月) 、博多・赤坂の 「バックステージ」 ⇒ (HPはここをクリック!) の 第2月曜、
鶴舞理加 (Pf) 、ミッキー内田 (G) 、民谷 (B)、木村 (Dr) バンドに、テナー (TS) 、
ソプラノ (SS) フルート (FL) ピアニカ (KH) で出演。
(先月の模様 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-1072.html
 今回、セッション参加者は無し (>_<) 。 1ステ終了後、このところ良く観に来て下さる Sk井 さん (今回はご主人のみ…ギターを弾かれる) と、ミッキー内田 (G) を交えて、ギター談議となる (^-^) 。

<凡例>
  (自): 自己選曲のインスト  (他): 他者選曲のインスト  (伴): 歌伴
  (星) : Vocal …その心は 「伴」 に向かって投げるのが 「星」

【1ステ】
 1.(他) on TS  … ANOTHER YOU  (E♭) Med. 4 Beat 
 2.(他) on TS & FL  イパネマの娘  (F) ボサ で
         後テーマを FL
 3.(自) on TS  SONNY MOON FOR TWO  (B♭) Med. Blues
 4.(自) on KH  MY FUNNY VALENTINE  (Cm) Slow
         ズバリ! 当日に因んだ曲。 素朴に、ピアニカ で (^^ゞ 
 5.(自) on SS  WHAT IS THIS THING CALLED LOVE  (C) M.Fast 4 Beat 
======================================= 
【2ステ】
 6.(自) on TS  HOW INSENSITIVE  (Dm) スロー・ボサ 
         スロー・ボサを皆で練習しようということで
 7.(他) on SS  YARDBIRD SUITE  (C) Fast 4 Beat
 8.(自) on FL  SUMMER SAMBA  (SO NICE)  (F) スロー・ボサ
         敢えて、走り易い曲を、スロー・ボサにして練習しようと (^-^)
 9.(他) on SS  NICA’S DREAM  (B♭m) Fast Latin/4 Beat
         当バンドのテーマとも云える、締めの曲

関連記事

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

S崎ダンナでございます。

Melodiousさんは相変わらずの“ライブ&乱入の日々”ですね。これだけの数の音楽活動をこなしているのは、並みのプロ--音楽を食い扶持にしているという意味で、ですが--にも見当たらないのではないでしょうか。

小生はと言えば、コード理論の基礎と格闘しながら、“場数バカ”になるために、吉祥寺や阿佐谷の店に出向いては、セッションです。「週に1回」という当面の目標は、とりあえずクリアしております。普段と違ったエンディングに挑戦したら、大コケしてセッションリーダーや他の参加者から笑いを取るという、お茶目なこともあったりします。

今年の後半は“週2”にしようと目論んでおります。

>しば様
 ヘビーな活動は、「職・住・音」 接近の賜物です。 いずれも、車で相互10分以内 (^-^) 。
 やっぱ、場数を踏むしかないですね。 それも、出来るだけ、いっぺんに色んなことを考え、試しながら… (^^ゞ 。 ぐわん、ぐわん、やっちゃって下さい!

「職・住・音」の接近は必要ですね。銀座から電車で新宿に出て、コインロッカーからクソ重たいジュラルミンのサックスケースを取り出し、さらに電車で吉祥寺まで出るのは、それだけで一仕事ですわぁ。

今年は“場数バカ”になり、恥を掻きまくる覚悟です。覚悟しなくても恥を掻いてしまうところが、ちょっと悲しいですが。

>しば こと S崎ダンナ様
 ケースの堅牢性と簡便性とはジレンマ (自練魔) ですね (>_<) 。 アルトは箱型ハードケース、テナーは肩掛け(セミ)ハード・ケースが良さそうでもあります。 

ピアニカはお子さんのおさがりですか?(違うよね・・)
うちも二人分(2台)転がっていますが、娘がときどき吹いています。
こたつに入ったままオンガクして遊ぶのにちょうどよいらしいv-276

S崎ダンナでございます。

今使っている総アルミ製のケースは、どこへ持ち込んでも珍しがられますね。一定の年齢から上の人には、やはり“3億円事件のジュラルミンケース”を想起させるようです。(^.^)

以前は楽器に付いてきた箱型のケースをそのまま使っていました。調布の店の音楽教室のサックス仲間をはじめ、アルトサックスをやっているほとんどの人は楽器に形に合わせたフライトケースを使っています。でも自分ではフライトケースを使う気にならなかったのです。

理由はひとつ。電車の中で通路の立てられないからです。車内が空いている時なら良いのですが、混雑している中で肩にフライトケースをかけると、他の乗客の迷惑になりますよね。

ということでフライトケースは買わないでいました。そうしたら去年の秋、今使っている箱型のアルミ・ケースが発売されたことを知り、さっそく購入したというわけです。

そろそろテナーも購入しようかと考えています。機種はすでに決めてあります。ケースはやはりMelodiousさんのアドバイス通り、ショルダー形式のセミ・ハードケースですかね。

楽器はもちろん、ケースも所有する喜びが感じられるものを選びたいものです。

>twilight_jazz 様
 スズキ・メロディオン PRO-37 http://www.suzuki-music.co.jp/product/1.htm という、コンサート仕様です。 37鍵。 関西のピアニカ/ピアノ奏者 Or野 さんが元々使っていたものを、某ベーシストさん経由で入手。 音色もピッチも良く、音量は学童用 (ウチにもあります (^^ゞ ) の3倍くらい出るので、コンボではノー・マイクでイケます。 

>S崎ダンナ様
 テナーには、ショルダー形式のセミ・ハードケースが良かろうと思います。 電車の網棚にも載せられるし、便利。 箱形だと、網棚にはちょっと辛く、駅構内もぶつけて歩きにくいし、自動車向きですね。 楽器は、良く調整の出来たモノを! トーン・ホールのパッド不良=空気モレ等あると、無理吹きで、おかしな奏法にもなりかねません。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索