FC2ブログ

 ・新潟・観光の巻 ・サトウハチロー記念館 ・遠野・花巻の風物点描 ・温泉が主目的です (^^;) ・遠野と花巻(SL&かっぱ) ・ちょっと渓谷<秋の磐越東線> (^^)/  ・ちょっと渓谷<秋の部 2> (^^)  ・ちょっとした秋見つけた (^^) ・ちょっと渓谷<秋の部> (^^)  ・再びちょっと温泉 ♨ ・もうちょっとラジウム (^◇^) ・秋の蔵王と鳴子3 ・秋の蔵王と鳴子2 ・秋の蔵王と鳴子1 ・又ちょっと温泉 ♨ ・更にちょっと温泉 ♨ ・みちのく行 <5> 完結編 ・みちのく行 <4> ・みちのく行 <3> ・みちのく行 <2> ・みちのく行 <1> ・台湾楽し(8) 完結編 ・台湾楽し(7) ・台湾楽し(6) ・台湾楽し(5) ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:紀行のエントリー一覧

  • 新潟・観光の巻

     新潟ジャズ・ストリート出演(1/17)前後に、新潟市内と咲花温泉(五泉市)に宿泊。その「観光」レポート。・市内「朱鷺メッセ」の「ばかうけ展望室」(125m)から ・今代司酒造を見学。アル添なしの純米酒のみ作ってるそう ・多品種試飲して、決めた品(4合ビン)。この後の運転は女房 ・咲花温泉到着。49号線で阿賀野川を上ったところに位置する・強風の朝、部屋からは阿賀野川と… ・磐越西線も見える ・4月の転勤直後には...

  • サトウハチロー記念館

     花巻市の南隣りの北上(きたかみ)市。そこにある、サトウハチロー記念館「叱られ坊主」にも寄った。 ⇒ http://www.kitakami-kanko.jp/kanko.php?itemid=175  あの綺麗な詩からは想像もつかぬ、とんでもない悪ガキだったそうで… (^^ゞ 。 「ちいさい秋みつけた」の初稿(肉筆の写し)も展示されているが、「誰かさんが」は ×2回 であった。歌曲になる際に、もう1回足されたのだろう。1番、2番も逆順のようだ。 ・歌詞全...

  • 遠野・花巻の風物点描

     遠野・花巻で出合った、他の風物などを紹介したい。 ・道の駅 遠野風の丘にある風車 …本格的な風力発電施設は近くの山並に  ・同 道の駅のジンギスカン定食 サラダバーに含まれる「きな粉餅」(写真右端)も絶品  ・かっぱ淵の入口にある常堅寺  ・伝承園内では吊し柿も製作  ・曲り屋の親分格、木村家   ・台温泉にある温泉神社  ・台温泉入口には釜淵の滝 ...

  • 温泉が主目的です (^^;)

     遠野・花巻ツアーで、SLやデパート大食堂のインパクトが強すぎ、そっちがメインになりかけるも、本来の目的は「温泉」なり (^^;) 。花巻市街の北西にある「台温泉」、その山ひとつ南にある「大沢温泉」に泊まる。いずれもイイお湯で、それにも増して、供される「食事が美味い!」ことに感激。 ・台温泉 S門 露天風呂 と 内湯    ・同 夕食 と 朝食   ・大沢温泉 S閣 露天風呂 と 内湯   ・同 夕食 と 朝食...

  • 遠野と花巻(SL&かっぱ)

     三連休に、岩手県の遠野と花巻を訪れた。道の駅「遠野風の丘」で昼食を摂っていたら、「本日は、SL銀河号が12時8分頃、当道の駅ワキの線路を、遠野駅方向に走ります。どうぞ展望デッキまで…」とのアナウンス。 運行については全く知らず、偶然の出会い! ただ、展望デッキからの見え具合では満足できず、敷地から駆け出て、踏切の向こうでの撮影に成功。型式はC58。 続いて、「かっぱ淵」を散策。伝承園では、かっぱと記...

  • ちょっと渓谷<秋の磐越東線> (^^)/ 

     「夏井川渓谷」にほぼ並走するJR磐越東線。しかし、渓谷区間の運転本数は少なく、日中の上りなど5時間以上の空きも (^^;) 。伴走車でも無ければ、下手には乗れない。 途中、隣同士の「夏井」と「川前」の駅間は10.3kmあり、徒歩移動も無理。 やむなく、駅やトンネル付近などに、自動車でアプローチ。その風物をいくつか紹介したい。 ・同日の紅葉 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2118.html ・夏井駅...

  • ちょっと渓谷<秋の部 2> (^^) 

     「夏井川渓谷」の紅葉。 一週間前は少々早かったが、今回はもう遅いくらいで、冬支度への加速を感じる。 ・一週間前 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2115.html ・ステンドグラスのような(2点)   ・川前駅近くの橋の上から  ・光の束が  ・定番、籠場の滝  ・渓谷をほぼ抜けて ...

  • ちょっとした秋見つけた (^^)

     ゴルフ場(筆者はプレイせず)のちょっとした通路にも、秋がやって来ています。       ...

  • ちょっと渓谷<秋の部> (^^) 

     7月に通りがかった「夏井川渓谷」。紅葉の頃はさぞ良かろうと思い、盛りには少し早かったが、また通ってみる。線路を何度となく踏切で渡るが、この日も列車の姿なし。 ・7月の夏景色 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2041.html ・「籠場の滝」  ・渓谷の模様(2点)   ・川前駅(3点)   ...

  • 再びちょっと温泉 ♨

     土湯峠温泉郷の一つ、幕川温泉・水戸屋旅館に今回は泊まり、2つの源泉を十分に楽しんだ。 前回(立寄り)の記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2094.html 標高1300mある宿付近の紅葉には少々遅かったが、途中、また翌日の、標高800~1000m位が綺麗だった。今年は紅葉の進み(寒くなる)のが早いようで、この旅館も冬季クローズを例年の11月下旬より少し早めるとのこと。 翌日は、浄土平のスカイラ...

  • もうちょっとラジウム (^◇^)

     ラジウム泉、猫啼(ねこなき)温泉のレポートを以前にいたしました。  ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2043.html その時には無かった生写真を、再訪の際に撮って来たので、ちょこっと紹介します。 内湯の壁タイル これは見事! 猫と和泉式部 シャンプー類も  効能書 やはり痔に効く ラ痔ウム温泉 (^^ゞ  ・内湯  ・露天風呂 ...

  • 秋の蔵王と鳴子3

     さてさて、この3日間の食事に着目してのレポート (^^)v .。 旅館の食事は、(行って分かったのだが)湯治向けのライト・メニューだった。 ・1日目・昼 ライザ・スキー場でピザ  ・おやつの「桃・薔薇ジュラート」   道の駅むらやま http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/Michi-no-Eki/yamagata/ya07.html  ・1日目・夜 旅館  ・2日目・朝 旅館  ・2日目・昼 鬼首でそば・うどん  ・おやつの「栗団子」...

  • 秋の蔵王と鳴子2

     2日目は雨のち曇り。近くの鳴子ダム、鬼首(おにこうべ)温泉の「間欠泉」を観に行く程度で、あとは温泉とテレビでダラダラ (^^ゞ 。 部屋の直ぐ前を線路(陸羽東線)が通り、駅(鳴子御殿湯)に徒歩3分と近く、リゾート列車も観られた。 最終日は、チェックアウトを14:00まで延長(+540円)し、昼食は近所から出前 (^^ゞ 。 ・部屋の窓から線路が見える  ・そこを走る「リゾートみのり」  ・駅で捉えた列車正面  ・...

  • 秋の蔵王と鳴子1

     10月、体育の日にかかる三連休を利用して、蔵王の紅葉と、東鳴子温泉を楽しんだ。 1日目は山形・かみのやま温泉から「お釜」に上がり、蔵王中央ロープウェイで「鳥兜」に登り、西側からのアプローチ。 鳴子温泉郷の中でも、地味な「東鳴子」温泉を選んだ。自炊客向け兼用の部屋となり、ガスレンジと冷蔵庫付き、飲食物の持ち込みも自由であった。 蔵王は標高1000m辺りの紅葉が最盛期で、お釜への道中やロープウェイが3分の...

  • 又ちょっと温泉 ♨

     またも土湯峠温泉郷。「道の駅つちゆ」で、1割引きの前売券を購入しての利用。 前回の記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2094.html 今回は、鷲倉温泉・高原旅館。2種類の源泉を持ち、飲泉も可能とのインセンティブ (^^ゞ あり。周辺の紅葉もイイ具合に。 ・旅館の前    ・こちらが飲泉可(酸性緑礬泉)    ・もう一方の硫黄泉(露天/内湯)    ...

  • 更にちょっと温泉 ♨

     気軽な立寄りも可能な土湯峠温泉郷。今回も「道の駅つちゆ」で、その日の利用可能時間等を確認し、1割引きの前売券(1年間有効、同額の他の温泉にも可)を購入。 前回の記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2075.html 訪問先は、幕川温泉の水戸屋。名物、∞ 形檜浴槽の展望露天風呂が狙い。湯ノ花も爽やかで、イイ湯でした (^◇^) 。本道から10分ほど、舗装ながら狭い道を走るので注意。 そこからも...

  • みちのく行 <5> 完結編

     第5日(9/22 火)/最終日は、八幡平8合目(見返峠)まで車で上がり、一関(いちのせき)へ向かう。厳美渓(げんびけい)で団子を食べてから、ジャズ喫茶の聖地「ベイシー」に立寄り、その後帰途へ。一関~郡山は車で2時間半で、また行ける距離でもある。 ・ホテル近辺の白樺  ・八幡平に上がって行く(アスピーテラインで)       ・下りは樹海ラインで…、 おいおい (>_...

  • みちのく行 <4>

     第4日(9/21 月)は、青森駅近くのワ・ラッセで「ねぶた」の展示を観てから、弘前を経由して市内散策、そして八幡平(はちまんたい)温泉郷の泊。 ねぶた作品群は迫力満点。弘前市内でプラっと入った鰻屋さんはとても美味しく、早めに宿に着いて、窓からの景色でのんびり。 ・青森ワ・ラッセの展示(写真撮影自由)     ・これは、シミュレーターでスミを塗っていく筆者の作  ド下手 (^^;)  ・移動して弘前城へ (曳...

  • みちのく行 <3>

     第3日(9/20 日)は、今回のメイン目的地たる十和田湖、奥入瀬(おいらせ)渓谷の初訪問。黒石側から上がり、湖の南側を半周して、奥入瀬、八甲田経由で青森市内泊。 幸い天気も良く、景色を堪能できた。十和田湖名物ヒメマスの塩焼きも食べた。奥入瀬は、渓流沿いの国道をドライブするだけでも十分楽しい。 ・沿道の稲穂も実る   ・十和田湖畔(3点)    ・早くも紅葉がチラホラ  ・ヒメマス塩焼 ― 身はピンク色 ...

  • みちのく行 <2>

     第2日(9/19 土)、角館発、男鹿半島を半周して、能代から五所川原までの海岸線をJR五能線沿いにドライブ。 男鹿半島は、41年前にはサイクリング(貸自転車)だった。半島の付け根にある「寒風山」展望台では、到着時の濃霧が次第に風で飛ばされ、少しずつ景色が見えてきた。入道崎では海鮮ランチ (^^)v 。 初訪問する能代~五所川原の海岸線はとても綺麗。列車にも出会えた。五所川原近くの つがる市・稲垣温泉泊。 ・寒...

  • みちのく行 <1>

     台湾旅行から戻っての翌々日(9/18 金)、秋田・青森・岩手の数か所「つまみ喰い」に車で出かける。 勤続ウン十五年での5日間休暇ってのがあり、これをシルバー・ウィークの前に置くと、何と12連休 (^^ゞ 。日数的には欧州なども可能だが、長時間フライトと時差はキツイので、前半を台湾、後半は東北々部、ともに4泊5日でのダブル行楽を実施。 さて、みちのく初日は、田沢湖を散策して、角館(かくのだて)泊。これらは41年...

  • 台湾楽し(8) 完結編

     第4日(9/15 火)後半は、101タワー展望台からの夕景・夜景観賞と、士林夜市の散策。但し、うっかりして携帯(兼カメラ)をホテルに置いて出たため、写真は女房からの貰いもの ('◇')ゞ 。そして翌日の午後便で帰国の途に。 ・展望台から(3点)    ・展示室の模型  ・下からの101タワー現物 ...

  • 台湾楽し(7)

     第4日(9/15 火)前半は、市街地にある「総統府」と「龍山寺」、そして小籠包の名店「鼎泰豊」へ。総統府 は、平常時なら内部見学可能だが、要人を迎えた重要会議等あるとNG。この日も何か物々しい警備具合で、敷地内に入れず。  龍山寺 は台湾道教の本拠で、大いに賑わう。入口で線香が配布され、各々が供えていく。    鼎泰豊 の料理はさすがに美味い。サービス面でも、当初のオーダーでは、海老雲呑湯、海老雲呑麺湯で...

  • 台湾楽し(6)

     第3日(9/14 月)は、先ず市内の「故宮博物館」、そして郊外の「九份」へ。 故宮博物館へは、地下鉄士林駅から路線バスに乗換えて。流石に素晴らしい作品群。特に感激したのが、天然ヒスイの色ムラを巧みに活かした「翠玉白菜」 ⇒ http://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?sNo=04001080 ヽ(^o^)丿 。   アニメ映画「千と千尋の神隠し」、湯屋のモデルと言われる「九份」へは、鉄道(台鐵)と路線バスで行き、直通高速バスで...

  • 台湾楽し(5)

     この辺で、日にちを問わず番外編をば。 ・信号機は「残り秒数」表示のあるものが大半。特に歩行者にとっては安全面で嬉しい。  ・「丹堤珈琲」では、注文をすると、この地雷みたいなものを渡され、席で待ち …  → 品が出来上がると、光と音の「大フィーバー」で知らされ、取りに行く (^^ゞ  ・ホテルの朝食ブフェ(バイキング)は、和・洋・中よりどり。   ― 点心、豚挽肉掛けご飯、ハム、納豆は、我が必獲アイテム  ...

≪前のページ≪   1ページ/6ページ   ≫次のページ≫