FC2ブログ

 ・温泉レポート 7/山梨・下部編 ・温泉レポート 6/千葉・亀山温泉編-2 ・温泉レポート 5B/伊東温泉(グルメ編) ・温泉レポート 5A/伊東温泉(風景編) ・温泉レポート 4/千葉・亀山温泉編 ・温泉レポート 3/千葉・不老山 薬師温泉編 ・温泉レポート 2/山梨・下部編 ・温泉レポート 1/山梨・増富編 ・新潟・観光の巻 ・サトウハチロー記念館 ・遠野・花巻の風物点描 ・温泉が主目的です (^^;) ・遠野と花巻(SL&かっぱ) ・ちょっと渓谷<秋の磐越東線> (^^)/  ・ちょっと渓谷<秋の部 2> (^^)  ・ちょっとした秋見つけた (^^) ・ちょっと渓谷<秋の部> (^^)  ・再びちょっと温泉 ♨ ・もうちょっとラジウム (^◇^) ・秋の蔵王と鳴子3 ・秋の蔵王と鳴子2 ・秋の蔵王と鳴子1 ・又ちょっと温泉 ♨ ・更にちょっと温泉 ♨ ・みちのく行 <5> 完結編 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:紀行のエントリー一覧

  • 温泉レポート 7/山梨・下部編

    「下部(しもべ)温泉」に昨年10月から半年ぶりに再訪。今回は、桜と桃の花を求めて一泊二日の寺巡り。昼食は各々「小作」の別店で。(2019.4.7 日 ~ 8 月) ・宿のHP ⇒ http://gensen1126.jp/ アルカリ性単純泉。源泉は足下の岩盤から湧く、そのままの約30℃。広~い。それと別の源泉を38℃に加温した上がり湯を交互に。 ・前回 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2539.html・慈雲寺のイトザクラ 他/臨済...

  • 温泉レポート 6/千葉・亀山温泉編-2

     亀山温泉を、昨年12月上旬に続きリピート。 家から車で一時間半。 ・前回レポート ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2566.html ・上総亀山のHP ⇒ http://www.kazusakameyama.com/ 前回同様、Sで昼食(1000円~)を食べれば入浴料金無料(入湯税150円は別途)とのサービスを利用。 アンコールの猪鍋(味噌仕立)定食、お初の鴨鍋(醤油仕立)定食で攻める。別注のアイスクリームは、渋皮栗と韃靼そば...

  • 温泉レポート 5B/伊東温泉(グルメ編)

     青春18きっぷを使っての、1/7月~9水 伊東・陽気館二泊。旅館の食事以外にも、立ち寄り先で美味いものを探索。 1/7月:小田原・柏又 親子丼、トマトサラダ、やきとり など 1/8火:下田・ごろさや イサキ、カンパチ・カマ塩焼、      アジフライ&刺身 など      下田・おおかわや イチゴパフェ 1/9水:小田原・橋本 桜エビかき揚げ天ざる、生シラス丼      横浜中華街・順海閣 五目焼きそば、...

  • 温泉レポート 5A/伊東温泉(風景編)

     昨年1月から恒例化した、伊東・陽気館行き。本年(2019年)は、青春18きっぷが使える1/7月~9水の二泊で設定した。 連泊の中日はレンタカーで、水仙の花真っ盛りの爪木崎、下田、石廊崎、松崎と回った。 帰途には少々寄り道して、鎌倉と横浜中華街も。 相変わらず良い湯で、連泊者特典の「露天風呂貸切」も、初日のチェックイン直前に効率よく組み込む。空いている時期で、のんびり出来た。・陽気館・爪木崎・伊東駅・鎌...

  • 温泉レポート 4/千葉・亀山温泉編

     房総半島南部の山の中に、亀山湖、そして亀山温泉がある。この辺りは12月上旬、ちょうど今頃が紅葉のピーク。  ・上総亀山のHP ⇒ http://www.kazusakameyama.com/ 宿泊施設もいくつかあるが、うちSでは昼食(1000円~)を食べれば入浴料金無料(入湯税150円は別途)とのサービスがあり、これはお得 !(^^)! と飛びついた。料理の注文・時間指定を済ませ、食事まで温泉に。いわゆる「黒い湯」でイイ気持ち。なお入浴のみだと...

  • 温泉レポート 3/千葉・不老山 薬師温泉編

     房総半島の南端近くの湯、「不老山 薬師温泉」。  ・HP ⇒ https://awa-shizenmura.jp/hotspa 規模は小さいが、源泉かけ流しの立派な温泉(加温あり)。20年程前、千葉市在住時に子供のボーイ・スカウト合宿の付き添いで来たが、気軽に立ち寄れる先として近頃も愛用。館山市の南部で、白浜、野島崎灯台等へのルート。 実際には、当家日帰りドライブ ➀保田の「ばんや」で魚食い ②当温泉入浴 ➂久留里で水汲み&酒買い ④小櫃のJA...

  • 温泉レポート 2/山梨・下部編

     信玄公の隠し湯、2泊目は「下部(しもべ)温泉」。 ・宿のHP ⇒ http://gensen1126.jp/ アルカリ性単純泉。源泉は足下の岩盤から湧く、そのままの約30℃。広~い。それと別の源泉を38℃に加温した上がり湯を交互にとの指示。増富温泉とは逆に、冷→温→冷→温→冷 と、初めと締めは「冷」でとも。やはり湯治客が多い。 湯治客向けの部屋と食事であったが、充分で美味しかった。近隣観光では、富士五湖のひとつ、本栖湖からの富士...

  • 温泉レポート 1/山梨・増富編

     平日に温泉に泊まりに行く (^^♪ 。かねてからの夢を少しずつ実施すべく、第一弾は山梨県、いわゆる信玄公の隠し湯からの選定。1泊目は「増富(ますとみ)ラジウム温泉」に30数年振りの再訪。 ・宿のHP ⇒ http://www.furoukaku.jp/ わが国屈指のラジウム泉。源泉は加温無しの約20℃、加温した約30℃の二種類、これらと上がり湯(41℃に加温した更湯)に交互に入るとの指示。温→冷→温→冷→温 と、初めと締めは「温」でとも。この...

  • 新潟・観光の巻

     新潟ジャズ・ストリート出演(1/17)前後に、新潟市内と咲花温泉(五泉市)に宿泊。その「観光」レポート。・市内「朱鷺メッセ」の「ばかうけ展望室」(125m)から ・今代司酒造を見学。アル添なしの純米酒のみ作ってるそう ・多品種試飲して、決めた品(4合ビン)。この後の運転は女房 ・咲花温泉到着。49号線で阿賀野川を上ったところに位置する・強風の朝、部屋からは阿賀野川と… ・磐越西線も見える ・4月の転勤直後には...

  • サトウハチロー記念館

     花巻市の南隣りの北上(きたかみ)市。そこにある、サトウハチロー記念館「叱られ坊主」にも寄った。 ⇒ http://www.kitakami-kanko.jp/kanko.php?itemid=175  あの綺麗な詩からは想像もつかぬ、とんでもない悪ガキだったそうで… (^^ゞ 。 「ちいさい秋みつけた」の初稿(肉筆の写し)も展示されているが、「誰かさんが」は ×2回 であった。歌曲になる際に、もう1回足されたのだろう。1番、2番も逆順のようだ。 ・歌詞全...

  • 遠野・花巻の風物点描

     遠野・花巻で出合った、他の風物などを紹介したい。 ・道の駅 遠野風の丘にある風車 …本格的な風力発電施設は近くの山並に  ・同 道の駅のジンギスカン定食 サラダバーに含まれる「きな粉餅」(写真右端)も絶品  ・かっぱ淵の入口にある常堅寺  ・伝承園内では吊し柿も製作  ・曲り屋の親分格、木村家   ・台温泉にある温泉神社  ・台温泉入口には釜淵の滝 ...

  • 温泉が主目的です (^^;)

     遠野・花巻ツアーで、SLやデパート大食堂のインパクトが強すぎ、そっちがメインになりかけるも、本来の目的は「温泉」なり (^^;) 。花巻市街の北西にある「台温泉」、その山ひとつ南にある「大沢温泉」に泊まる。いずれもイイお湯で、それにも増して、供される「食事が美味い!」ことに感激。 ・台温泉 S門 露天風呂 と 内湯    ・同 夕食 と 朝食   ・大沢温泉 S閣 露天風呂 と 内湯   ・同 夕食 と 朝食...

  • 遠野と花巻(SL&かっぱ)

     三連休に、岩手県の遠野と花巻を訪れた。道の駅「遠野風の丘」で昼食を摂っていたら、「本日は、SL銀河号が12時8分頃、当道の駅ワキの線路を、遠野駅方向に走ります。どうぞ展望デッキまで…」とのアナウンス。 運行については全く知らず、偶然の出会い! ただ、展望デッキからの見え具合では満足できず、敷地から駆け出て、踏切の向こうでの撮影に成功。型式はC58。 続いて、「かっぱ淵」を散策。伝承園では、かっぱと記...

  • ちょっと渓谷<秋の磐越東線> (^^)/ 

     「夏井川渓谷」にほぼ並走するJR磐越東線。しかし、渓谷区間の運転本数は少なく、日中の上りなど5時間以上の空きも (^^;) 。伴走車でも無ければ、下手には乗れない。 途中、隣同士の「夏井」と「川前」の駅間は10.3kmあり、徒歩移動も無理。 やむなく、駅やトンネル付近などに、自動車でアプローチ。その風物をいくつか紹介したい。 ・同日の紅葉 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2118.html ・夏井駅...

  • ちょっと渓谷<秋の部 2> (^^) 

     「夏井川渓谷」の紅葉。 一週間前は少々早かったが、今回はもう遅いくらいで、冬支度への加速を感じる。 ・一週間前 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2115.html ・ステンドグラスのような(2点)   ・川前駅近くの橋の上から  ・光の束が  ・定番、籠場の滝  ・渓谷をほぼ抜けて ...

  • ちょっとした秋見つけた (^^)

     ゴルフ場(筆者はプレイせず)のちょっとした通路にも、秋がやって来ています。       ...

  • ちょっと渓谷<秋の部> (^^) 

     7月に通りがかった「夏井川渓谷」。紅葉の頃はさぞ良かろうと思い、盛りには少し早かったが、また通ってみる。線路を何度となく踏切で渡るが、この日も列車の姿なし。 ・7月の夏景色 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2041.html ・「籠場の滝」  ・渓谷の模様(2点)   ・川前駅(3点)   ...

  • 再びちょっと温泉 ♨

     土湯峠温泉郷の一つ、幕川温泉・水戸屋旅館に今回は泊まり、2つの源泉を十分に楽しんだ。 前回(立寄り)の記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2094.html 標高1300mある宿付近の紅葉には少々遅かったが、途中、また翌日の、標高800~1000m位が綺麗だった。今年は紅葉の進み(寒くなる)のが早いようで、この旅館も冬季クローズを例年の11月下旬より少し早めるとのこと。 翌日は、浄土平のスカイラ...

  • もうちょっとラジウム (^◇^)

     ラジウム泉、猫啼(ねこなき)温泉のレポートを以前にいたしました。  ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2043.html その時には無かった生写真を、再訪の際に撮って来たので、ちょこっと紹介します。 内湯の壁タイル これは見事! 猫と和泉式部 シャンプー類も  効能書 やはり痔に効く ラ痔ウム温泉 (^^ゞ  ・内湯  ・露天風呂 ...

  • 秋の蔵王と鳴子3

     さてさて、この3日間の食事に着目してのレポート (^^)v .。 旅館の食事は、(行って分かったのだが)湯治向けのライト・メニューだった。 ・1日目・昼 ライザ・スキー場でピザ  ・おやつの「桃・薔薇ジュラート」   道の駅むらやま http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/Michi-no-Eki/yamagata/ya07.html  ・1日目・夜 旅館  ・2日目・朝 旅館  ・2日目・昼 鬼首でそば・うどん  ・おやつの「栗団子」...

  • 秋の蔵王と鳴子2

     2日目は雨のち曇り。近くの鳴子ダム、鬼首(おにこうべ)温泉の「間欠泉」を観に行く程度で、あとは温泉とテレビでダラダラ (^^ゞ 。 部屋の直ぐ前を線路(陸羽東線)が通り、駅(鳴子御殿湯)に徒歩3分と近く、リゾート列車も観られた。 最終日は、チェックアウトを14:00まで延長(+540円)し、昼食は近所から出前 (^^ゞ 。 ・部屋の窓から線路が見える  ・そこを走る「リゾートみのり」  ・駅で捉えた列車正面  ・...

  • 秋の蔵王と鳴子1

     10月、体育の日にかかる三連休を利用して、蔵王の紅葉と、東鳴子温泉を楽しんだ。 1日目は山形・かみのやま温泉から「お釜」に上がり、蔵王中央ロープウェイで「鳥兜」に登り、西側からのアプローチ。 鳴子温泉郷の中でも、地味な「東鳴子」温泉を選んだ。自炊客向け兼用の部屋となり、ガスレンジと冷蔵庫付き、飲食物の持ち込みも自由であった。 蔵王は標高1000m辺りの紅葉が最盛期で、お釜への道中やロープウェイが3分の...

  • 又ちょっと温泉 ♨

     またも土湯峠温泉郷。「道の駅つちゆ」で、1割引きの前売券を購入しての利用。 前回の記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2094.html 今回は、鷲倉温泉・高原旅館。2種類の源泉を持ち、飲泉も可能とのインセンティブ (^^ゞ あり。周辺の紅葉もイイ具合に。 ・旅館の前    ・こちらが飲泉可(酸性緑礬泉)    ・もう一方の硫黄泉(露天/内湯)    ...

  • 更にちょっと温泉 ♨

     気軽な立寄りも可能な土湯峠温泉郷。今回も「道の駅つちゆ」で、その日の利用可能時間等を確認し、1割引きの前売券(1年間有効、同額の他の温泉にも可)を購入。 前回の記事 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2075.html 訪問先は、幕川温泉の水戸屋。名物、∞ 形檜浴槽の展望露天風呂が狙い。湯ノ花も爽やかで、イイ湯でした (^◇^) 。本道から10分ほど、舗装ながら狭い道を走るので注意。 そこからも...

  • みちのく行 <5> 完結編

     第5日(9/22 火)/最終日は、八幡平8合目(見返峠)まで車で上がり、一関(いちのせき)へ向かう。厳美渓(げんびけい)で団子を食べてから、ジャズ喫茶の聖地「ベイシー」に立寄り、その後帰途へ。一関~郡山は車で2時間半で、また行ける距離でもある。 ・ホテル近辺の白樺  ・八幡平に上がって行く(アスピーテラインで)       ・下りは樹海ラインで…、 おいおい (>_...

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫