FC2ブログ

 ・良き友 サックス!(29 おまけ/温泉あれこれ) ・良き友 サックス!(28 付録/楽器紹介)  ・良き友 サックス!(27 ビバ 千葉 イバ 蕎麦!) ・良き友 サックス!(26 郡山時代②)  ・良き友 サックス!(25 郡山時代①) ・良き友 サックス!(24 後期西宮/奈良時代) ・良き友 サックス!(23 福岡単身赴任) ・良き友 サックス!(22 東京・逆単身赴任) ・良き友 サックス!(21 下関単身赴任)  ・良き友 サックス!(20 兵庫・西宮時代)  ・良き友 サックス!(19 帰国して/ハイライト後期)  ・良き友 サックス!(18 LA時代) ・良き友 サックス!(17 ニューヨーク時代) ・良き友 サックス!(16 社会人に/ハイライト前期)  ・良き友 サックス!(15 ハイソ諸々) ・良き友 サックス!(14 武道館でサド&メルと)  ・良き友 サックス!(13 ヤマノ)  ・良き友 サックス!(12 特別寄稿/篠沢教授に…)  ・良き友 サックス!(11 小さな箱の中で) ・良き友 サックス!(10 ダイレクト・カッティング) ・良き友 サックス!(9 インド・ボンベイ) ・良き友 サックス!(8 スイス・モントルー)  ・良き友 サックス!(7 ウエスト・コースト)  ・良き友 サックス!(6 試練は次々に) ・良き友 サックス!(5 師匠からの三指令) ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:良き友 サックス!のエントリー一覧

  • 良き友 サックス!(29 おまけ/温泉あれこれ)

     唐突ですが、温泉の話。30歳を超えると、やたらと温泉が恋しくなる。丁度30歳で渡米し、ニューヨークでは、入浴 (^^ゞ の機会は無かったものの、ロス・アンジェルスに移ったら、硫黄臭・白濁の立派な温泉に出会えた。 とは言っても、ロスから車で四時間近く掛かり、日帰りとはいかないが。その名は「シカモア温泉」 ⇒ http://spamich.ec-net.jp/todofuken/america/003_sycamore.htm 。各部屋のベランダに設置されたジャクージに...

  • 良き友 サックス!(28 付録/楽器紹介)

     楽器たちを紹介しよう。先ずはサックス軍:<凡例> ①メーカー・モデル ②製造時期 ③入手時期 ④特記事項 ⑤マウスピース・ソプラノ: ①仏セルマー・マーク6 ②1964年 ③1982年頃 ④#135*** ストラップ用の輪無し ⑤レイキー#6・アルト1号: ①ヤマハ・YAS 875-EX ②不詳 ③1998年 ④ビッグバンド、歌伴向き ⑤メイヤー#6・アルト2号: ①コーン・― ②1929年 ③2014年・大阪 ④コンボ、インスト向き ⑤同上・テナー: ①仏セルマー・マーク...

  • 良き友 サックス!(27 ビバ 千葉 イバ 蕎麦!)

     20年ぶりの千葉。商工農水がバランス良く発展し、暮らし易い。先ずは、ビッグバンド・オブ・ローグスに完全復帰出来て嬉しい。東京・西部方面での旧交も温めつつ、今まで未踏だった東京・東部~千葉方面での立ち寄り先を開拓。中でも、浅草・ソウルトレイン ⇒ http://soultrane.jp/ にはアクセスも良く、しばしば足を運んでいる。顔馴染みも増えた。 さて、60歳で社宅も追い出されるので、それ以降の住居を早々に決め、勤務延長...

  • 良き友 サックス!(26 郡山時代②)

     郡山のビッグバンド、スウィング・セットJO ⇒ http://www.swingset.jp/ に在籍して1年、ベーシストが業務多忙で当面のリハや次回イベントにも出られない、ピンチヒッターも直ぐには見つからない…、 てなことで、何と筆者のベース(エレキ・ベース)で対応すことになる。コンボのセッションでは経験あるものの、ビッグバンドでは初めてで、ましてライブとなると…。 はい (^o^)/ やるっきゃないですね。 福島空港での野外イベ...

  • 良き友 サックス!(25 郡山時代①)

     2015年4月、郡山勤務に。同時に第二子も就職・独立し、夫婦での引っ越しとなる。郡山で唯一とも言えるジャズクラブが「アルチスタ」 ⇒ https://blogs.yahoo.co.jp/artistes_artistes/ 。実は少し前に、こちらの常連さんが神戸・ミッドナイトサンに見えた際、筆者の転勤のことを聞き、店に伝えて下さったそうで、アルチスタ初訪問時も「待ってました! いらっしゃい。さあ楽器も出して…」との歓待を受け、ご縁の有難さが身に沁み...

  • 良き友 サックス!(24 後期西宮/奈良時代)

     2011年4月、二度目の大阪勤務となり、西宮に完全帰還となった。しかし、私専用の部屋は…、 既に無かった (^^; 。とりあえず第一子がフィンランドから戻る夏までは、そいつの(かつて自分の)部屋に収まろう。単身赴任の間、2005年に兵庫県立芸術文化センター(芸文)、2008年には阪急西宮ガーデンズが徒歩圏にオープンし、特に駅の反対側の開発が進んだ。 さあ音楽だ! 先ずは阪神圏の馴染みの店、そして人縁を辿って新規の店を...

  • 良き友 サックス!(23 福岡単身赴任)

     2009年4月、福岡勤務となり、またまた家族を西宮に置いての単身赴任。住居は、大相撲も行われる福岡国際センターの近くにした。 福岡の音楽活動には、強力な基盤が確保されていた。「バックステージ」 ⇒ http://backstage.fukuoka.jp/、ハイソの先輩・平子さんがオーナーのライブハウスで、前々任地・下関からも数回訪れていたが、今後は毎日でも通える (^^)v 。 特定のプロ・ライブを除き、毎日アフターセッションがあり、参加...

  • 良き友 サックス!(22 東京・逆単身赴任)

     2007年4月、東京勤務となり、家族を西宮に置いての逆単身赴任。代用社宅を自分で探した先は代々木上原駅近辺。十数年前に住んでて土地勘はあるし、勤務には千代田線使用がベストだったので。選定した住まいは渋谷区の端にあり、道の向かい側は目黒区、数十メートル西は世田谷区。それぞれゴミの収集日が異なり、ほぼ毎日出せた (^^ゞ 。また、南に歩けば井の頭線・池ノ上駅も近く、足回りは最高だった。 となったら、音楽活動に...

  • 良き友 サックス!(21 下関単身赴任)

     2005年4月、下関勤務となり、人生初の単身住まいをする。家族は引き続き西宮。料理など余りしたことも無かったが、幸いにも家のすぐ近くが漁港で、スーパーの魚も鮮度が良く価格もお手頃。よって刺身そのものから、徐々に煮魚などもマスター(煙くなるので焼魚は専ら外で (^^ゞ )。 音楽面では、寧ろ関門海峡をくぐって(渡って)北九州・小倉方面に出るのが早道。小倉・カサブランカ http://casablanca-live.jp/ 、守恒・スタ...

  • 良き友 サックス!(20 兵庫・西宮時代)

     2002年3月末、大阪勤務となり、一家四人で兵庫県西宮(にしのみや)市に引っ越して来た。西宮は大阪と神戸の丁度中間に位置し、利便は最高。そして、当てがわれた社宅から徒歩3分のところに、ジャズ喫茶兼ライブハウスの「コーナー・ポケット」があった。当然、足繫く通い、また同所や他所でのジャム・セッション、ライブ等、コンボ演奏にも活動を広げるきっかけとなる。さらに、関西でのビッグバンド活動の柱となり、13年間在...

  • 良き友 サックス!(19 帰国して/ハイライト後期)

     1993年4月、帰国して、2DKの社員寮に一家4人で入居。代々木上原で、環境・利便とも申し分ないが、何せ、 …狭い (^^; 。 せっかく帰国したからには、サックスを、ジャズを再開しよう! 楽器(テナー/ソプラノ)のタンポ(=トーンホールを押さえてふさぐ皮)は風化してボロボロ。全て張り替えて貰い、電車で偶然会ったハイライトの矢島さん Tp にいざなわれ、再びハイライト・オールスターズの門を叩く。しかし、5年半の...

  • 良き友 サックス!(18 LA時代)

     1990年10月、ロス・アンジェルス(LA)に赴任。ハイソC年で演奏旅行に訪れたLAに、縁あってか再来。しかし、楽器を吹く機会は更に無くなった。あまり街でもジャズをやってないし、気候が良くて暮らしやすく、他の楽しみも色々あるし…、音楽活動面では正に底であった。同地で第二子が生まれた嬉しさのあまり、中古楽器店の安い展示品「チェロ」を衝動買い、自主練習するも、早々に断念。弦楽器は左手のフォーメーションが難...

  • 良き友 サックス!(17 ニューヨーク時代)

     1987年9月末、ニューヨーク(NY)に赴任。楽器類も全て持って行った。しかし…、 楽器を吹くことは殆ど無かった。仕事が多忙すぎた訳ではない。それまで、日本国内でもジャムセッションに行く習慣が無く、NYでも、そんな発想は出なかったからだ。ああ勿体ない (>_...

  • 良き友 サックス!(16 社会人に/ハイライト前期)

     ハイソ時代に、あれだけイイ思いをしてしまうと、それ以上は望めないし、また師匠からの勧告(※)にも従い、プロへの道は辿らず、一般企業に就職した。  ※ 第5話参照 ⇒ http://t42sugar240cake.blog101.fc2.com/blog-entry-2379.html 先ずは東京・吉祥寺に2年、続いて同・丸の内に5年半勤務。音楽からは、スパー! っと足を洗うつもりだったが…、 中々そうは行きませんね (^^ゞ 。半年も経つと、ジャズの虫が蠢(うごめ)...

  • 良き友 サックス!(15 ハイソ諸々)

     そろそろ、ハイソ時代の締めくくりを兼ね、これまで触れなかった事項をザックリと:1.レギュラー/ジュニア・バンド C・D年(1、2年生)は、レギュラー入りした場合でも、必ずジュニア・バンドには参加。このおかげで、D年時にバリトン、テナー両方の演奏・練習が出来た。2.ダンパ ダンス・パーティーの略。主に大手町サンケイ国際ホールで、30分×3回の演奏。小編成の相バンが先発、我々は後発し、つごう3時間。定番...

  • 良き友 サックス!(14 武道館でサド&メルと)

     1978.9.25. モンタレー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパンで、サド・ジョーンズ Tp & メル・ルイス Dr との共演が決まった。彼らのオーケストラは来ない。まさに、二人がハイソに加わってくれる格好だ。 ヤマノの暫く後に、候補曲3曲の譜面が渡された。 1.US(16 Beat) 2.ONLY FOR NOW(Slow Ballad) 3.CHERRY JUICE(Fast 4 Beat) この中から好きな2曲を選べとのオーダー。ひと通りトライするも、3....

  • 良き友 サックス!(13 ヤマノ)

     大学ビッグバンドが結集する、山野ビッグバンド・コンテスト。ハイソは暫く出場していなかったが、第8回(1977年)から参加し、翌年の第9回(1978年8月)には初優勝した。その時の曲目は:1.WARNING!(秋吉敏子)2.SPLIT KICK(惚れ寿司るバー もとい、ホレス・シルバー)3.SWEET’N’SOUR(クルセイダーズ) 山野楽器・同コンテストのサイト内「今昔物語」にも、2007年に寄稿しているので、宜しかったらお読み下さい。...

  • 良き友 サックス!(12 特別寄稿/篠沢教授に…)

     特別寄稿です。「クイズダービー」でお馴染みの、篠沢秀夫教授が亡くなりました。合掌。 ところで、このクイズダービーに、ハイソが出演した。尤も演奏は無く、3人のメンバーが投票者に、小生は応援席で(D年時)。 篠沢教授は、まだ解答者になったばかりで、あの「愉快、愉快!」との大らかフレーズは出てなかった。在りし日を偲びます。 遡ってC年時、冬合宿(千葉・岩井海岸)出発日の早朝、「小川宏ショー」に生出演・...

  • 良き友 サックス!(11 小さな箱の中で)

     2枚目のLP「小さな箱の中で」は、通常の録音方式によるもので、小生はE年でテナー。1978年12月の収録。東名阪、六つの大学ビッグバンドが1枚ずつリリースする企画モノ。 実は、片面は同年7月の「モントルーでのライブ録音としないか?」 とディレクターからは持ち掛けられていた。しかし、演奏の出来、録音状態とも納得いくものではなく、そのオファーはお断りし、全て新規録音とさせて頂いた。 ダイレクト・カッティング...

  • 良き友 サックス!(10 ダイレクト・カッティング)

     学生の分際で…、恐れ多くも、小生が在学中に、ハイソでは商業ベースのLPレコード(注:CDは無い時代)2枚をリリースした。その1枚目は、何と、ダイレクト・カッティング方式によるものだった。 マスター・テープからトラック・ダウンする通常の方式では、バランス調整はもちろん、多少の修正やカブセも可能だが、ダイレクト・カッティングでは:1.片面ぶっ通しで録音につき、途中で止められない2.従って曲間も、その...

  • 良き友 サックス!(9 インド・ボンベイ)

     卒業間際の、1980.2.16~27、ハイソ、インド・ボンベイ(現ムンバイ)「JAZZ YATRA 80」ツアーにテナーで参加。往きの飛行機では、やはり同フェスに出演する山下洋輔グループと一緒だった。 演奏は、夜間の野外ステージにて2日間。風光明媚な海岸沿いの道路名を「マリンドライブ」と言い、周辺地域のこともそう呼ばれ、演奏会場も、そこにあった。 渡航前から、この軽快なネーミングが気に入り、その光景も想像し、卒業記念の...

  • 良き友 サックス!(8 スイス・モントルー)

     1978.7.8~22、ハイソ、スイス・モントルー・ツアーにテナーで参加。開港したての成田から、モスクワ、フランクフルト経由でジュネーブ空港へ。 モントルー・ジャズ・フェスティバル出演が主目的。ビル・エバンス・トリオ、東京ユニオン&中本マリさんらとともに、メイン会場「CASINO」を含む2ヶ所で演奏。演目は以下: 1. EVERYTHING’S COMING UP TO ROSES 2. THE MONKEY FACED FAMILY 3. ALONE IN A COCKPIT (小さ...

  • 良き友 サックス!(7 ウエスト・コースト)

     1977.2.28~3.17、ハイソ、米西海岸ツアーにバリトンで参加。初めての飛行機が国際便。羽田発(成田は翌年の開港)。LA空港着陸時、窓から見える、美しく豊かな街の灯りに心躍る。 ノースリッジ、ポモーナ、UCバークレー、スタンフォードなど、カリフォルニア州各地の大学を訪問、キャンパスや公会堂での(交換)演奏、ホームステイ等の交流を進めた。 一番学んだことは、ステージ上での「笑顔」というマナー。ついつい、演奏...

  • 良き友 サックス!(6 試練は次々に)

     テナーに転向はしたものの、音が細く、瘦せていた。音づくりのロングトーン、アンブシュアの改造などを行なうが、夏合宿の頃になっても、アルトでもテナーでもない、おかまチックな音色に悩んだ。C年(1年生)の秋から冬にかけ、やっとテナーっぽくなって来たと思う間もなく、次の課題は「バリトン」への取り組みだった (^^; 。 C年終盤の三月、ハイソ・米ツアーのサックスに欠員が生じ、バリトンで入れとの指令。更に音を太...

  • 良き友 サックス!(5 師匠からの三指令)

     高2で師事した先生が、故・ジョージ高野(高野愛蔵)氏。当時はスタジオ・ミュージシャンで、八代亜紀のライブサポート等も。それ以前はブルーコーツのテナーマンだった。その息子さんはグループサウンズ、カーナビーツの Dr/Vo 故・アイ高野氏。 月2、3回、土曜日に池上の自宅まで通い、アルトでのノリやフレージング、焼き鳥(塩のタン、ハツ)の美味さを教わった。筆者のビッグバンドへの関心が深まった高2の冬、進路に...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫